プロフィール

REPORT

山レポ速報版は、ヒトリゴトの【速報】でご覧いただけます。


トシの山旅2016




2016年に登った山の総集編


トシの山旅2015




2015年に登った山の総集編


2015.9.20~22 立山・剱岳

今年のSWを利用して憧れの剱岳へ。1日目は立山、2日目は剱岳、3日目は弥陀ヶ原の予定で、立山大満足プランで行ってきました!!この連休中は青空に恵まれ、立山(雄山)でご祈祷をしてもらい、大海原のような雲海が出現。2日目の剱岳アタックでは、さすがは剱といった難所な岩場や鎖罵が登場し、特にカニのタテバイを越え山頂に立った時の達成感は大きなものでした^^個人的にはヨコバイが怖かったかな~。


2015.9.5 笊ヶ岳

南アの山々で日帰り難関とされる笊ヶ岳。この山は、甲斐駒黒戸尾根や大無間山のように激しいアップダウンこそないものの、長い急登が続く樹林帯に川の渡渉、そして危険な崩壊地もあったりで、ほんとヤレヤレって感じな苦難の山です。だけど稜線に辿り着いた時の喜びに、そこから眺める布引崩れや南アの山々、足元を見てみるときれいな花が出迎えてくれました^^すごく達成感いっぱいな山旅、ぜひ好きな人はチャレンジあれ。


2015.8.15~17 荒川岳・赤石岳

今年のチャレンジ登山は大好きな南アルプス。今まで聖、光と登ってきて、そこから見る荒川岳と赤石岳がすごくかっこよくて、いつかこの2座を縦走したいなって思ってました。1日目は樹林帯歩きでやれやれでしたが、2日目の千枚岳からのご来光、悪沢岳からの360°の眺望、青空の下の稜線歩き、天空のお花畑、雷鳥のお出迎え、小屋での楽しいひととき、そして山で出会った方々と一緒に登ることができ、今回も120%楽しめた山旅でした。


2015.7.18~19 尾瀬・至仏山

2年連続で山楽隊で尾瀬まで行ってきました今回はメンバーのハッチさんの初テント泊+mayoさんはフル装備でのザックを背負って+僕の30座目の百名山という、それぞれの目的が達成できた山行となりました。昨年は台風の影響で登れなかった至仏山のリベンジにも成功、お初の方々とも会うことができたし、何より花がきれい!!さすがは花の百名山ですね。悪天候だったけどすっごく充実した山旅で、また来年も尾瀬に行きたいな~って思いました。


2015.7.5 北八ヶ岳

トレックアッププロジェクトの日に山楽隊とFuji麓のコラボ登山が実現しました。残念ながら梅雨時期で悪天候な山行になっちゃったけど、こんな天気の日でも楽しめるのが北八ヶ岳です。苔の聖地を歩いたり、小屋巡りもおもしろくて、特に高見石小屋の揚げパンや白駒荘の山菜天ぷらうどんは絶品でした^^どうでしょう?たまにはガッツリじゃなくて、こんな風にのんびりと歩くのもいいと思いませんか?今度は高見石小屋で星空みたいな~。


2015.6.28 大無間山

今まで登りたい山のリストに入っていながら、ずっと先送りになってた山、それがこの大無間山。南ア深南部はアプローチが不便なうえに難易度も高い、なかなか近寄り難い山域だったりします。"無間=無限"に続く樹林帯歩きと、登って下っての繰り返しにはやれやれ^^;でも静かな山歩きが楽しめ、富士山や南アの展望は最高で、そんな山が好きな人にはぜひチャレンジしてもらいたいなー。この山が日帰りできれば、そこそこの山は登れちゃうと思います。


2015.6.13 唐松岳

一度登ってみたかった唐松岳。ここはゴンドラ&リフト利用で気軽に高い場所まで行けるのでおススメです。今回は八方池山荘をスタートして、八方池、扇雪渓で雪歩きを楽しみ、山頂から見る絶景、そして環水平アークを見ることができました。これはまさに神秘的!!最後は雷鳥が登場で文句なしの山旅でした。今度はもっと雪のある時期に登ってみるのもいいし、いつかは不帰キレットを渡り、唐松から五竜への縦走登山もしたいところです。


2015.6.7 常念岳・蝶ヶ岳

梅雨の晴れ間を狙って、常念岳と蝶ヶ岳を三股ルートでぐるっと回ってきました。この日は青空、稜線上から見る北アルプスの山々に圧倒です。特に大好きな槍穂高を横目に歩けるなんて幸せ!!稜線のアップダウンにはちょっと苦労したけど、CTより速く歩くことができたので、日帰りだけどまったり景色を眺めることができたかな~。蝶ヶ岳ヒュッテではお目当てのバッジも購入。雷鳥には会えなかったけど、これはまた次の唐松岳までお預けかな(笑)


2015.5.30~31 九重山

初の九州のお山は九重山。主峰久住山を筆頭に、最高峰中岳、ミヤマキリシマで有名な平治岳と、連山ならではの贅沢登山となりました。1700m級でこの景色はほんとにすごいです!!いまいちな天候にアクシデントありと、ちょっと波乱万丈ではあったけど、初対面の方々とも楽しい山のひと時を過ごすことができ、温泉あり、最後には青空のプレゼント。九重の壮大な山並みに感動し、九州の山の素晴らしさを知ることができました。


2015.5.16~17 雲取山・鷹ノ巣山

昨年に引き続き山楽隊で雲取山に行ってきました。夏山に向けてのテント泊の練習でもあります。久々に担ぐでかザックは体にきまっすね~。でも数を重ねるたびにこの重さにも慣れてきたかな。雨予報だったけどレインを着ることなく2日目は青空。朝の富士山も見れたし、ちょっとガスってたけどそれもまた幻想的。石尾根縦走路からは絶景の連続で、今回は鷹ノ巣山まで歩けたので大満足。ちょっと疲れたけどこれで、きっと来年も来るんだろうなー。


2015.5.5 霧ヶ峰

Fuji麓1周年の山旅は、まったり霧ヶ峰トレッキング。車山肩Pから八島ヶ原湿原の途中までは曇ってたのに、みんなでワイワイ木道歩きを楽しんでたら、パーッと青空が広がってきました。ゼブラ山、北の耳、南の耳にかけては湿原歩きとはまた違った山歩きも楽しめて、さすが百名山。急な登りもないし、ゆっくりと山を散歩できるので、そこはまるで空中庭園。次に来るときはニッコウキスゲがきれいな時期に訪れたいな。


2015.5.2 鳳凰山(地蔵岳→観音岳→薬師岳)

青木鉱泉からドンドコ沢コースを新緑と滝を楽しみながら登り、鳳凰小屋でまったり休憩。冷たい水がおいしかった!!その後はオベリスクのある地蔵岳、三山の最高峰である観音岳を踏み、富士山が良く見える薬師岳までは空中散歩。下山ルートは中道コースの残雪の踏み抜きに苦戦。日帰り長丁場で疲れたけど、オベリスクにも登れたし、南アの絶景も見れて、とても充実した山旅となりました^^次に行くことがあれば夜叉神峠からかな。


2015.4.25 檜洞丸

初西丹沢を山楽隊男子部の3人で歩いてきました。檜洞丸、この山名を聞いただけでも登ってみたくなりませんか?○岳とか○山となじゃなくて"○丸"ですよ?これは登るしかないでしょ(笑)今回のルートは西丹沢自然教室をスタートし、川を渡ったり、鎖場や岩場があったりで、なかなか変化があっておもしろいルートだなって思いました。天気がいまいちでも新緑の中を歩けたし、トウゴクミツバツツジも見れたので、十分満足のいく登山となりました。


2015.3.29 井川廃線ウォーク




調 整 中
(レポはご覧いただけます)


2015.3.26 木曽駒ヶ岳

雪の木曽駒に行ってきました。紅葉で有名な千畳敷まではお手軽ロープウェイ。そこから先は本格的な雪道となっていて、アイゼン利かせて厳しい直登ルート。浄土乗越から見る宝剣岳はかっこよくて、木曽駒山頂からは360°の大パノラマが広がってます。この日は天気も良くて、こんなにくっきりした景色を見れるのは、やっぱりこの時期ならではだと思いました。富士山に日本アルプスに、いくつの百名山が見れたことでしょう。


2015.3.15 山伏




調 整 中
(レポはご覧いただけます)


2015.2.28 伊吹山




調 整 中
(レポはご覧いただけます)


2015.2.21 美ヶ原

初スノーシュー!!この美ヶ原、超おススメですよー。2000mの広い×2高原の上を歩くのって楽しいですね^^まさに天空の白銀の世界。どこを見ても真っ白でまさに雪山。だけど急な登りもないので、スノーシュー入門編としては手頃に楽しめるのもいいです。美ヶ原というだけあって、どこを歩いてもどこを眺めても、美しい景色が広がっているのもこの山ならでは。まったりのんびり雪山を歩くには贅沢な空間だと思います。


2015.2.14 塔ノ岳・鍋割山




調 整 中
(レポはご覧いただけます)


2015.2.7 硫黄岳

厳冬期の硫黄岳。この山は1度登ってるけど、雪化粧に包まれるとまるで違う山に登っているかのよう!!寒い時期は空気も澄んでいるので絶景を拝むことができるし、アイゼンが雪にサクッと刺さる感じが雪山ならではでいい^^今年は雪が少ないせいか、赤岳鉱泉までは軽アイゼンかツボ足でも十分なくらいでした。雪山は危険っていうイメージがあるけど、この八ヶ岳エリアは比較的登りやすいので、ぜひチャレンジしてほしいです。


2015.1.18 北横岳・縞枯山




調 整 中
(レポはご覧いただけます)


2015.1.4 三方分山




調 整 中
(レポはご覧いただけます)


2014.12.27 竜ヶ岳

2014年の締めに登った竜ヶ岳。目的はこの時期(12月下旬から1月上旬)に見れるダイヤモンド富士!!本栖湖からのルートなら比較的登りやすく初心者にも優しい山です。富士山の頂から光が輝いた時、山頂にいるみんなが「わぁ~」って声が一斉にあがります。すっごく神秘的で感動しますよー。ぜひぜひ一度はこの風景を見てもらいたいなー。時間があれば隣の雨ヶ岳とセットで登るのも気持ちが良くていいですね。


2014.12.14 毛無山・雨ヶ岳

でっかい富士山を見るならどこの山がいい??って聞かれたら、僕はこの毛無山をおススメします。2000m近くある山でなかなか登り応えがあり、○合目っていう目印がまるで富士山のよう。雨ヶ岳までの稜線は富士山を横目にすっごく景色がいいんだ~。近くの朝霧高原から見るだけでも満足だけど、やっぱり高い場所から見る富士山は天下一品ですw時間があれば、さらに先の竜ヶ岳まで縦走しちゃえば結構自慢できるかも??


2014.10.18~19 甲武信ヶ岳

日帰りでも登れる甲武信ヶ岳。でもそこをあえて1泊してみました。その理由は篠井山で出会った十文字小屋のオーナーに会うために。遊びに行きまーすと約束しちゃったので、それを実行した形です!!ちゃんと僕の名前を覚えていてくれうれしかったな~。あの夜は山話で盛り上がったっけ。山頂からの景色も最高で、下山道では千曲川の源流に紅葉も見れました。次は石楠花がきれいな時期に訪れたいな。のんびり小屋泊もいいもんだなって思いました。


2014.9.23 富士山

日本を代表する山といったら富士山。今回は僕の好きな須走口から日帰りで登ってきました。朝見た日の出きれいだったなー^^山頂からの眺望もさすが日本一。大好きな南アルプスの山々を始め、遠くには槍ヶ岳まで見えているくらい空気が澄んでいました。富士山の夏山シーズンは9月中旬までなので、この日はもう登山者が少なく、マイペースな山旅ができたのもよかったかな~。眺めてもよし!登ってもよし!改めてそう感じましたね。


2014.9.21 焼岳

Fuji麓メンバーで焼岳まで行ってきました。この山は北アルプスの中でも優しい山なので、みんなで登るにはちょうどいい山。しかも山頂までの道のりには、紅葉スポットあり、火口からの噴煙あり、山頂からの絶景ありで、この日は富士山もちょこっと顔を出してくれましたwもちろん槍穂高を始め、特には白山や南アまで見渡せて、お買い得感満載でしたね^^焼岳小屋から上高地への下りも、長いハシゴがあったりでなかなか楽しめましたね。


2014.9.13 空木岳

"空木"、山名が美しいと思いませんか?どんな山なんだろうってすっごく気になっていた山です!!スリリングな大地獄・小地獄、長い樹林帯から抜けたときの開放感、そしてその先にはこの山のシンボルでもあるでっかい駒石、山頂からは南駒ヶ岳や木曽駒、下山時には空木平のお花畑、もうたまりません(笑)中央アルプスの中でも特におれ好みの山かもしれない、そんな感じがします。北や南に負けないくらいのかっこよさを感じました。


2014.9.6 甲斐駒ヶ岳

全国の駒ヶ岳の頂点に君臨する甲斐駒ヶ岳。今回は日本三大急登の中でも1番難易度が高いとされる黒戸尾根に日帰りでチャレンジしてきました。標高差は2200m。長い樹林帯歩きに、刃渡り(ナイフリッジ)、アップダウンの連続、またかというくらいのハシゴ・・・もうこれは過酷な修行登山ですね(笑)でもこれをクリアすれば大きな自信につながるはず?達成感は今までの山行でNo.1と言えるかもしれません。勇気のある方はぜひチャレンジあれ!!!


2014.8.16~17 大雪山

3回目のチャレンジ登山は大雪山。遂に北の大地へやってきました^^2日間とも天気に恵まれ、2000m前後の山なのにまるでアルプス並みの絶景を見せてくれました。今回は最高峰の旭岳、北鎮岳、黒岳、北海岳と周回ルート。桂月岳から見る御来光、太陽に照らされる高山植物、夜の星空は今までの山行中でNo.1と言ってもいいくらいでした。憧れのトムラウシも横目に、次にこの地を訪れた時は縦走登山したいな~なんて思っています。最高だ!北海道w


2014.8.3 御嶽山

昨年9月の噴火で入山規制のかかってる御嶽山。おれらは噴火の1ヶ月半前に登りました。このドーンとした独立峰ならではの山容はどこの山から眺めても間違いようがないくらい立派なお山。天気はいまいちだったけど、雷鳥とも出会えたし、日本一高い場所にある池(ニの池)にも行けたので大満足な山旅となりました。あの頃の雷鳥は元気にしてるかな~??またいつか登れる日がきたら、今度こそ青空の日に山頂から絶景を見たいですね。


2014.5.24 乾徳山




調 整 中
(レポはご覧いただけます)


2014.5.11 蓼科山

比較的気軽に2500mクラスの山に登れちゃう蓼科山。この山の売りはやっぱり山頂から見る日本アルプスの山々でしょう。全て見れちゃうんじゃない?っていうくらいの360°の大展望が広がっています。街から見る山容も立派で、さすが"諏訪富士"と呼ばれるだけのことはありますね。僕が登った頃は雪が残ってましたが、それもまた楽しかったかなって思います。コースもいくつがあるので、最短コースなら初心者でも登れちゃうのもまたいいですね。


2014.5.3 天城山

僕の住む静岡の低山で百名山といったらこの天城山。伊豆の代表する山で、観光地からも近く比較的登りやすいので、いつも山頂は多くのハイカーで賑わってます。馬の背手前の岩場から見える富士山と駿河湾、伊豆の山々の展望はは最高で、この景色を見に来るだけでも価値があります。今回は万二郎岳から万三郎岳の周回ルート(シャクナゲコース)で行ってきたけど、八丁池までの縦走コースや、石楠花が咲く季節と紅葉時期もいいです。


2014.4.27 石割山




調 整 中
(レポはご覧いただけます)


2014.3.22 大菩薩嶺

雪の大菩薩嶺まで行ってきました。この山は僕の中ですごく地味なイメージが先行していたので、もし登るなら景色が望める寒い時期に登りたいなって思っていました。でも恵那山と同じで、実際登ってみると、山頂こそは樹林に囲まれ展望がありませんが、ちょっと離れた雷岩から大菩薩峠までの稜線上から見る風景は絶品!!富士山や南アが見渡せ、眼下には大菩薩湖。ぜひ空気が澄んだ時期に登ってもらいたいです。大展望が待ってますよー。


2014.2.1 奥高尾(景信山→城山→高尾山)




調 整 中
(レポはご覧いただけます)


2014.1.5 七面山




調 整 中
(レポはご覧いただけます)


2013.12.23 丹沢山・塔ノ岳




調 整 中
(レポはご覧いただけます)


2013.11.23 恵那山

中央アルプス最南端に位置する恵那山。僕の中でこの山はアルプスの中で1番地味なイメージがあった、というより、この山はアルプスだったの??っていう人もいるくらいの山だったですが、でも実際登ってみると見事に裏切られましたね^^すっごく展望が良くて感動したのを覚えています。暖かい季節は笹に覆われていることが多いようなので、ちょっと寒いくらいの季節がオススメです。どうしょう??登りたくなったでしょ??笑


2013.11.17 愛鷹山




調 整 中
(レポはご覧いただけます)


2013.10.27 十二ヶ岳(節刀ヶ岳・鬼ヶ岳)

光岳登山時に出会った山師匠と一緒に十二ヶ岳に行ってきました。この御坂山地は富士山の展望がよくて、特に10月下旬の紅葉時期ががおススメ。この十二ヶ岳は一ヶ岳から順に登っていき、山頂までの道中はまるでアスレチックのよう。途中岩場には鎖があったり吊り橋が登場したり、遊び心満載な山です!!節刀ヶ岳と鬼ヶ岳に縦走すれば、歩き応えのある山歩きができるかな。このエリアにはおもしろい山々がたくさんあるのでまた登りに来たいな~。


2013.10.13 南八ヶ岳(阿弥陀岳→赤岳→横岳→硫黄岳)

初八ヶ岳にして、南八ツを欲張って日帰り縦走してきました。暗いうちからスタート。南沢ルートで行者小屋を経由し、阿弥陀岳→赤岳→横岳→硫黄岳へと絶景を眺めながらの稜線歩き。この日は快晴で富士山やアルプスの山々の展望も最高でした^^赤岳山頂に立った時はほんと感動したな~。ランチで寄った硫黄岳山荘では、同じテーブルだった方々との山話も楽しかったですね。下山道は赤岳鉱泉経由で北沢ルートを辿り美濃戸まで歩きました。


2013.9.29 瑞牆山

トレッキング静岡の皆さんに加わり瑞牆山へ。前々からお隣の金峰山とセットで登ろうって考えてました。だけどこの山はソロよりみんなと登ったほうが楽しいかな~。ちょっとした岩場に鎖場も楽しいです。山頂は狭いながらも富士山や八ヶ岳がよーく見えて大満足。もちろんこの山のシンボルともいえる"大ヤスリ岩"も見応えあります^^奥秩父の山の中では1番登りやすいと思うので、初心者の次のステップアップにはいい山だと思います。


2013.9.22 仙丈ヶ岳

南アルプスの女王仙丈ヶ岳。凛とした山容が美しく、隣の甲斐駒様と並ぶとまるでカップルのよう^^女王に相応しい仙丈カールは、きっと登山者の心を惹きつけてくれること間違いなし。だって僕の体調不良を治してしまうほどなので(笑)今までたくさんの山に登ってきたけど、この時ほど絶景に救われたことはなかったな~。夏山なら初心者にも優しい3000m峰なので、たくさんの方に登ってもらいたい山ですね。


2013.8.17~19 光岳(上河内岳・茶臼岳)

チャレンジ登山2年目は光岳。前回の聖岳山頂から見た上河内岳や茶臼岳がとってもきれいで、次はこっち方面に登りたいなって思っていました!!畑薙大橋から登り始め、茶臼小屋で1泊、ここを起点に2日目は光岳方面、3日目には上河内岳方面と、この2泊の山旅で百名山、二百名山、三百名山を贅沢に歩いてきました。特に光岳までの稜線歩きは最高^^お花畑に光石もよかったですね。今でも忘れられない山旅だったな~。


2012.10.5 前穂高岳




調 整 中
(レポはご覧いただけます)


2012.8.18~19 聖岳

初めて南アルプス南部の山にやってきました。僕の名前の山であり、そしてずっと目標としていた山でもあります。1日目は聖沢登山口から聖平小屋で一泊、2日目はお花畑を見ながら小聖岳まで登り、最高地点である聖岳(前聖岳)を目指すルートです。登山始めて半年、このスケールの大きな山に登るのにはちょっと無理があったような気がしますが、それでも何とか登頂!!今でもこの山での感動が一番大きいかもしれません。


雪の木曽駒に行ってきました。紅葉で有名な千畳敷まではお手軽ロープウェイ。そこから先は本格的な雪道となって・・・


初スノーシュー!!この美ヶ原、超おススメですよー。2000mの広い×2高原の上を歩くのって楽しいですね・・・


厳冬期の硫黄岳。この山は1度登ってるけど、雪化粧に包まれるとまるで違う山に登っているかのよう!!寒い・・・



3回目のチャレンジ登山は大雪山。遂に北の大地へやってきました^^2日間とも天気に恵まれ、2000m前後の山・・・


昨年9月の噴火で入山規制のかかってる御嶽山。おれらは噴火の1ヶ月半前に登りました。このドーンとした独立峰・・・

比較的気軽に2500mクラスの山に登れちゃう蓼科山。この山の売りはやっぱり山頂から見る日本アルプスの山々・・・


中央アルプス最南端に位置する恵那山。僕の中でこの山はアルプスの中で1番地味なイメージがあった、というより・・・


初八ヶ岳にして、南八ツを欲張って日帰り縦走してきました。暗いうちからスタート。南沢ルートで行者小屋を・・・


南アルプスの女王仙丈ヶ岳。凛とした山容が美しく、隣の甲斐駒様と並ぶとまるでカップルのよう^^女王に相応しい・・・


初めて南アルプス南部の山にやってきました。僕の名前の山であり、そしてずっと目標としていた山でもあります・・・