プロフィール

【山行データ】
H26.9.21 晴
Fuji麓 計6人
焼岳(やけだけ)北峰 2444m ※南峰は立ち入り禁止 
日本百名山、信州百名山
CT 6時間10分(休憩時間含まず)
5:10沢渡駐車場→5:32新中の湯登山口5:40→6:45 1972ピーク→7:15広場7:20→7:25下堀沢出合→8:25南峰・北峰分岐8:36→9:00焼岳(北峰)9:40→10:36中尾峠→10:43焼岳展望台10:48→10:55焼岳小屋12:05→12:23長ハシゴ→13:38上高地焼岳登山口→13:52田代橋→14:17上高地BT14:30→15:00沢渡駐車場


9/21、静岡の山仲間たちと焼岳へ行ってきました。
そうです!Fuji麓の定例山行です^^

先週末は天気が悪い予報だっただけに、これはまたやっちゃったかな~って思ったけど、直前の金曜日になってなんと晴れマークじゃん!!
これは運がついてるw
今回はフルメンバー6人が揃うだけに、どうしても×2晴れてもらいたかったからうれしいです。
そうそう、今回は写真が多いので、珍しく2部構成でいこうかなって思いまっす。
なんせメンバーみんなの写真合わせると750枚以上。
これは過去最多ですよー収拾がつかん(笑)
ってわけで、おれの撮った写真を中心に所々でメンバーの写真が登場しますw

ではでは、Fuji麓のみんなと山旅へ出かけてきま~っす。

22時に静岡某所へ集合。
今回は遅刻ナッシングでみんな勢揃い。
やればできるじゃーん、なんてね(o^-')b


お得意の52号に中央道を車でぶっ飛ばし、諏訪湖SAで休憩。
ここは夜でもお店が開いてるからいいね~。


そして2時半過ぎに沢渡Pに着きました。
2時間ほど仮眠タイム。
もうこの時期になるとさむさむでしたよー。
なかなか寝付けなかったのはおれだけ??
もったいないからトイレ行きながら星空見てましたw


4時半、眠たい目を擦りながら朝食&準備を済ませます。



5時。
空を見上げれば小さなお月様。
今日は空が青いね~いい感じだ^^
と思っていたら、タクシーの運ちゃん近づいてきました。
グッドタイミング!!
 


 グループ登山だとみんなで割って安く済むからうれしい限り。
らくらくジャンボタクシーに乗って20分ちょいもすれば登山口に着きます。
運ちゃん、帰りは14時半に上高地によろしく(^_-)☆
 


 日が昇り、空に浮かぶうっすら雲が紅く染まっています。
これはこれできれいだー。
 


 登山口Pは、おれらが到着した頃にはもうこんな感じ↑
路駐は当たり前ってことでしょうか。
ピストンの人は便利ですからね。
 


 かるーく挨拶をし(←いちおグループ登山なので)笑
かるーく運動をし、さて出陣です。
 


 登り始めからしばらくは樹林帯を歩いていきます。
山に光が射してきました。
こりゃすぐに暑くなりそうだー。
 


 しばらくするとちらちら山が見えてきます。



ちょっとした岩ゴロがある登山道。
でもとっても登りやすくて、すいすい登れちゃう予感。



妖精でも出てきそうな森に見えませんか??
こんな緑の空間がおれ好みです。



やっぱり青空には木が映えまっす。
いいな~こういう感じ。



こういうフラットなとこで息を整えましょう。
先に前を歩いてもらいました(笑)



陽射しが当たる場所↑
薄暗い場所がパーッと明るくなります。



焼岳が見えてくると、メンバーのテンションもMAXです。
左が南峰、右が北峰。



今年は紅葉が早そうな予感??
ナナカマドも部分的に紅く染まってましたよー。
 


 途中、こんな広場があります。
ちょっとだけ休憩。
ここでお会いした、女性の方々、ばったり下山後にも会いましたね(笑)

 


いいないいな~こんな山歩き。



葉っぱに水滴。
おれじゃなかなか撮らないだろう一品。




イロトリドリな木々がいい感じ↑



こっち方面は霞沢岳でしょうか??
ギザギサしてますねー。



わーいって表現してもらいました。
嘘ですw
きっとそんな気分だったはずです(^-^)/




今日は遠くの山まで見えそうです。



おぉ~ちゃんと列ができてるー(って当たり前か)笑



わぁ~青空に山々が浮かんでるみたいw
中アから遠くには南アも見えてる?



向こう側から隠し撮りされてる~↑



油断してました(-"-;A
こんな写真が撮られていたとは。
でもなかなか好きかも知れないw




さぁガンバレガンバレp(^-^)q



おれらの前を歩くグループ↑。
まるでFuji麓みたいだったので隠し撮り(笑)



乗鞍高原からもこっちが見えてるんだろうな~。
山肌がきれいだぁ。



せっせと歩く姿。
絶景が待っているとなるとちょっと登るスピードもアップ??



こういうおしゃべりシーンも、山仲間と登る楽しみのひとつ。



乗鞍高原にある十石山に、その先には乗鞍岳↑



先3人だけ、後ろ3人の待ち休憩中??
それにしてもこの2人は健脚だなー。
これじゃおれは疲れたなんて言えないや(笑)




さて、もうちょいだぞ~。
メンバー揃って絶景を見るんだ!!!



こうやって見ると、上まで来たな~って実感します。



こんな一場面もいいですね↑



白い噴煙がモコモコと出てますね。
うっ、硫黄の匂いが・・・でも慣れましたw



笠ヶ岳↑
すごくこのお山、渋さを感じるのはおれだけかな??
あぁこっちの稜線歩きたいな~。
逆にこっちの景色を見てみたい^^




記念に笠とトシ↑笑
やっぱりここでもWピースサイン。



メンバーの山ガールたち。
メンバー2人は北アが始めてなので、この絶景にびっくりだったようです。
あっ、THE晴れ女になれたんじゃない??笑




 立入禁止エリアの南峰↑
まるで青い空に刀が刺さっているよう。
かっこいい形してるな~。




もう一回の乗鞍方面↑
どこを見ても高い山々、テンションあがりまっすね。

テンションがあがったところで、ここから撮影した動画をご覧ください↓


  
360℃の絶景が広がっています。
すばらしいです(^O^)/




さて、これからがこの山の"らしさ"を感じる確信部ですよー。 



その前にここからはこーんなお山たちが見えました↑↓



富士山が呼んでる~??
はっ??何やら見えるw
甲斐駒と仙丈の間に、ちょこっと富士山、見えますかね~。
さらには北岳、間ノ岳、そして農鳥岳まで。
この山からでも見えるんですね(b^-゜)
おれ一人じゃ見逃してました^^; 




これは山火事のような噴煙w
思っていたよりたくさん出てるんだなー。



焼岳直下にある溶岩ドームに着きました。
シューシューヽ(*'0'*)ツ
さすがは活火山!!!




噴気口はこんな形をしています↑
結構近くまで寄れるんだなー。
ちょっとむーんとした熱さを感じました。




エメラルドグリーンな火口湖。
正賀池と呼ばれているそう。
こんなところにこんなきれいば絶景があるとはびっくり。
まさに自然の作り出す光景ですね。
 


 写真を撮ってくれた方々↑↓
iPhone6持ってました、さすがはやい。
今度はおれもiPhoneがいいなーなんて。



山頂前に集合写真↑笑
あっ、ガスじゃないですよー噴煙ですからねw



滑りやすいところ↑
慎重にあるきまっす。
歩きながら上を見てみると・・・



岩の壁。
角度を変えてみるとこんな感じです↓



こうところを歩くのもアドベンチャーっぽくて好きですね。
みんな気をつけて~。



この辺りからも微かに噴煙が・・・。
山全体のあちらこちらからこんな感じに噴煙が見られました。



山頂までの最後の登り↑
ここは上高地や西穂から来た人たちとの合流地点なので、この先山頂までは人で賑わっていました。



焼岳(北峰)に着いたぞо(ж>▽<)y ☆
2444m。
バックは槍穂高w



続いては、まさかの元気なソロのおばさま↑笑
この先西穂まで行かれるそう。
またいろいろ山話を聞かせてもらいたいですね。
写真どうもありがとうございました。




どれどれ~、山頂からはどんな景色が見れるんだろう。
こちらは中ア方面。
この景色をここで見れたことに感謝です。
 


笠ヶ岳↑
このちょこんと尖ってる感がいいですなぁ^^



穂高連峰。
主峰の奥穂に両脇を西穂と前穂が陣取ってますw
その向こうには槍も登場してまっすよ。




槍ヶ岳、こっちからはこんな風に見えるんだな~。
この山は富士山の次に見つけるのが楽なような気がしまっすね。
この位置から見間違える人はいないでしょう(笑)




奥穂&前穂を仲良く撮ってみました。
その横には明神岳。
吊り尾根もいい感じw
前穂は妹の名前でもあって、伯父の大好きな山なのであります。
2年前、岳沢から重太郎新道を登って前穂に行ったけなぁ。




蝶ヶ岳方面↑



 霞沢岳。
こっち側の山は全く未知な世界、どんなんになってるんだろ。



中央アルプスに薄っすら南アルプスまで見えますよー。
やっぱりこっち方面が見れるとうれしい気分( ´艸`)



中央アルプス↑



乗鞍岳方面もいい感じでしょー!
簡単に登れる割に、いまだ登頂ならず。



白山。
こちらは下は雲海になってますねー。



西穂山荘↑
時間があれば焼岳から西穂まで縦走したい・・・いや、ずっとその先まで(笑)



誰もが憧れの北アルプス。
その中でも穂高連峰は大好きな山々です。
奥穂、前穂、北穂、西穂、ジャンダルム・・・こんなに近いのに、それぞれが違った性格を持ってていいですねー。



メンバーも槍や穂高をバックに写真三昧!!
みんななかなかいい感じだ~。



ポーズが決まってますな(笑)



大ジャンプヾ(@°▽°@)ノ
決まってますなw
まだまだ彼は元気いっぱい↑



 おれはやっぱりこっち方面↑
先に登った南ア&中アをバックに~≧(´▽`)≦



 それぞれがいろんなポージング(^O^)/
素敵な景色をバックに、人はちっこく。
こんなシルエットもかっこよくていいです。

さて、ゆっくり休んだし、そろそろしゅっぱーっつ→ 



 青空にヘリコプター。 



 さぁお腹が空いた~焼岳小屋に向かいましょう。 



中尾峠まではこんな岩場を歩いていきまっす。
石がぐらぐらしてるとこがあるので、ゆっくり下りていきましょう。



これから歩いていく道のりと北ア南部の主要な山々がばっちり(o^-')b
大好きな山々、ずーっとここで見ていたい気分。



槍は山頂からよりもここからのほうがきれいに見える感じです。



六百山から霞ヶ岳もでっかく('-^*)/



笠岳から抜戸岳、小さく双六に鷲羽、水晶、野口五郎も見えました。



山頂から小屋までは地図上では近く感じますが、実際は結構歩いた感があったような気がしまっす^^;



岩場をジグザグ×2。



振り返ってみると、だいぶ下りてきた感じです。
噴煙があがっているので、どの辺りが山頂が一目瞭然。!!



中尾峠へやってきました。
ここが中尾温泉と焼岳小屋方面の分岐となります。
いつも思うけど、逆のルートが非常に気になってしまう(笑)

 


ここからちょっとだけ登ると・・・



焼岳展望台です↑
よーく見ないとなんて書いてあるかわかりませんね(^o^;)



展望台から見た焼岳↑
確かにここから見ると山容がよーく分かりますヘ(゚∀゚*)ノ



大正池。



ちょっとだけこんな道を歩き↑展望台から10分足らずで焼岳小屋が見えてきます↓



これが焼岳小屋↑↓
ご覧の通り、木々に囲まれた中に小屋は建っています。



緑が囲む、雰囲気のいい山小屋です。
小屋番の方たちも、みんな良い人たちでした('-^*)/



山ガール達のランチ作り↑
さすがですね。
おれはいろいろ味見させてもらいましたが、どれもバッチグーでした^^



小屋前にはこんなでっかい岩というか壁があって、メンバーが登っています。
さすが!ボルダリング効果ありってところでしょうか??
おれがやったら、きっとすってんころりん^^;笑

ここで1時間くらいまったりしたので、いよいよ下山開始です。
 


 一本木、青空に映えますね~(-_☆)



なんか不思議な光景↑
見上げるとまーるく見えまっすね。



周りを見渡すと・・・



この辺りはガレてるんだなーヽ(*'0'*)ツ



緑溢れる山道をずっとずっと歩いて行きます。



そしてしばらくすると・・・ここから先はなんじゃこりゃ~と叫びたくなるような長ハシゴが待っておりまっす(笑)



でもね、こういうところ、おれは大好きなのですw



ちゃんと足元を確認しながらゆっくりと下りていきまっす。
この時に怖いからと前かがみにならないように気をつけましょう!!



さて、みんなもご覧の通り↑
スムーズにハシゴをクリア^^



こうやってみるとこの橋もきわどいところに架かってるな~^^;



ここまで来れば、もう一安心w
森林浴を楽しみながらまったり歩いて行きます。
遠くから流れる水の音が心地よいBGM。



その川に着きました~。
ここから聞こえてたんですね。



焼岳登山口まで下りてきました。
ここからはバスターミナルまではフラットな散歩道。
どっかで見た方々がいると思ったら、登山道の広場でお話をさせていただいた女性たちでした。
あ~ほんと良い天気。
上高地周辺を歩くだけでも楽しいねー。




田代橋から見る穂高連邦↑
もちろん、ここでみんなで写真撮影↓



みんな達成感に満ち溢れています。
特にメンバー2人は初北アルプス。
デビューが晴れの日でよかったね~。




こっちの山もでっかく見えています↑



梓川の透き通ったきれいな水。
おれの姉の名前は梓、ここが名前の由来となっているそうです(笑)



お~すばらしいー、ワンダフォー!!
下界からでもバッチリ見えまっすね
登るのが苦手な人も、この風景を見るだけでも十分な価値があります。




ここから見た穂高連邦の案内図↑
これさえあれば、ふむふむ、どこがどこなのかよーく分かります。



ようやく上高地バスターミナルに辿り着きました。
もうここまで来ればのんびりできる。
さすが上高地、たくさんの人で賑わっていました。
とはいってもタクシーの運ちゃんは例年より少ないって言っていました。




タクシーは14時半、そんなに時間はないですが、恒例の山バッジとソフトクリームはばっちりです!!笑
やはり下山後はこれに限りまっすw



帰りのタクシーから一枚。
今回登った焼岳を大きく(^O^)/

そんなわけで、地元静岡の登山チームFuji麓と一緒に登った焼岳。
道中も楽しかったし、もちろん登山そのものはもっともっと楽しかったです。

また1つ山の思い出ができました。
お疲れ様&どうもありがとう。


帰りは足湯に浸かってのんびり。
静岡までの帰路では爆睡しそうでした(笑)


トシ