プロフィール

【山行データ】
H27.7.18~19 雨→曇→晴
山楽隊5名
尾瀬(おぜ)尾瀬沼→尾瀬ヶ原、至仏山(しぶつさん)2228m
日本百名山、花の百名山
CT 12時間15分(休憩時間含まず)
8:50大清水→9:45一ノ瀬9:55→11:05三平峠→11:20尾瀬沼山荘11:40→12:55沼尻13:40→15:05見晴(テント泊)7:00→7:45龍宮小屋7:50→8:25牛首分岐→9:00山の鼻9:20→高天ヶ原付近→12:20至仏山12:25→12:45ランチ休憩13:10→13:43小至仏山→14:25オヤマ沢→15:30鳩待峠
1日目:5時間 2日目:7時間15分


今年も山楽隊で尾瀬までやってきました!!

昨年は残念ながら台風前ってことで至仏山へ登ることができず。
そのリベンジでもありまっす。
 それとチャレンジという意味では、今回テン泊デビューのハッチさんに、mayoさんはフル装備を背負ってのテント。
mayoパパが富士山で参加できないため、いつもより重たいザックを背負っての山行となります。

僕は静岡からハッチさんとmayoさんをそれぞれ地元で拾い、麦わらさんとは沼田ICすぐのコンビニで合流。



大清水登山口↑
せっかくなので、ここで1枚パシャり^^
今回の出発メンバーは、麦わらさん、mayoさん、ハッチさん、そしておれの4人。
スタートから雨という、雲取に九重に・・・なぜかグループ登山になるとこんな感じになってしまいます。
でも今回は絶対至仏山に登ってみせるんだから~と気合いは十分w



登山口からここ一ノ瀬までは緩やかな道で、タクシー使えば楽々に来れてしまいます。
もちろん僕らは山楽隊、1時間弱歩きましたさ~。



そしてさっそく休憩所(笑)
もうみんなまったり気分??



それもそのはず、こんなん見ちゃうと休みたくなっちゃうでしょ。
みんなは冷やしキュウリにトマト、でも僕はソフトクリーム(←これは違反かな?笑)
まだ登ってもいないのに^^;



まずは尾瀬沼を目指します。
最初は川を横目にトコトコ歩き。
てっきり緩やかな登りくらいかなって舐めていたら、結構登るんですね~。



途中水場(岩清水)があります。
この冷たいにハッチさん大喜び??
そんなシーンです↑



樹林帯の中を歩き続けると・・・



やがて木道が現れ、尾瀬らしい風景になっていきます。



三平峠に到着です。
ここでハッチさんに雨に打たれている姿を撮影してもらいましたw
レインウェアトシです↑笑



峠からしばらく歩くと尾瀬沼山荘が見えてきます↑
さすが尾瀬、立派で大きな小屋ですね。



その先には休憩所があって、みんなここで雨宿りしてました。
ちょうど小腹も空いたことだし、ここでまったり休憩しましょう^^
軽食も売られているのでとっても便利ですよ。



残念ながら尾瀬沼の天気はご覧の通り↑
どんより雲で燧ヶ岳も隠れちゃってます、残念(><)



富士見峠方面との分岐地点。
今はあまりこちらから登られてくる登山者は少ないらしい。



山道も泥だらけで歩くのに苦労しました、それでもやっぱり山の空気はおいしかったなー。
こんな天気の日はソロよりみんなと来たほうが楽しい、というか山に来れることに感謝です。



尾瀬は花の宝庫でもありますね。
こちらはハクサンシャクナゲ↑



木道から麦わらさん&mayoさん。
まだまだ笑顔で疲れてないようですね。



ギンリョウソウ↑



この辺りの木道は滑りやすいので要注意!!
おれも何回滑ったことか^^;笑



次のポイント沼尻休憩所まではもう少しです。
ここまで1時間ちょいかな。
ちょうどいい感じに休憩所があるからいいですねー。



はい!着きましたよー。
まだまだ雨は止みそうにありません。
うーん、見晴のテン場に着くまでには天気も落ち着くといいけど。



さぁさぁ、ここでデザートタイムとしましょうか。
僕は燧ヶ岳湧き水コーヒーとミニブレッド↓
ママレードが付いてます。



う~ん、うまいヽ(*^^*)ノ



同席だった大学の先生と女子大生2人と楽しいひととき。
郡山から来たそうで、初めてのお山に先生が同行してくれたとのことでした。
先生は何度か尾瀬に来たことがあるそうで、木道で滑って骨を折ったことがあるとか・・・これはおれも他人事じゃなって思いましたね(おれはよく滑るので)笑
そんな優しさ溢れる3人、とっても輝いてて素敵な方々でした。頂いたサクランボもおいしかったなー。
写真も撮ってもらい、どうもありがとうございました( v^-゚)Thanks♪



さて、ここから本日の宿泊地、見晴まではCTで2時間。
実際には90分くらいだったかな。



きれいなヒオウギアヤメ↑



こちらはニッコウキスゲ↑
やっぱり水芭蕉の次はこの花でしょw
この黄色、この時期の尾瀬の花では一番目立ちます。



見晴まではこんな滑りやすい山道でした。
岩場もあるから気をつけて歩かなきゃ、おれみたいに滑ってしまいますよ(笑)



もう時期外れだと思ってましたが、ちょっぴり水芭蕉も登場です↑



逆ルートで来た方々かな??
さすがは尾瀬、こんな雨の日でも登山者は多いですね。



ちょっとした絵になる場所があったので、ここで3人に立ち止まってもらい写真を頂き~!!!
そして×2、テン場に着く頃には雨が上がってる、よかったぁ^^
雨の中のテント設営は大変ですからね、これを免れただけでもうれしい。



テン場もご覧の通りの大盛況↑
燧小屋で受付を済ませ、いよいよ設営開始です。



おれのちっこいテントのちょっと先には・・・



ハッチさんのテント↑
ぬぬっ、この色、どっかで見たことがあると思ったら、麦わらさんと同じドマドームじゃないですか~。
初テント、麦わら先生(←そうそう、麦わらさんは時にはシェフ、あの時にはホスト、またある時には先生といろんな職業を持ってるんです)に伝授。

あっという間に設営完了。
さすがはハッチさん、おれと違って器用ですな(笑)

さぁテントの設営が終わればこっちのもんです。
ここからはまったりタイム~ヽ(^◇^*)/
 


みんなで尾瀬ヶ原へプチ散歩。
ハッチさんはテントを無事設営できたせいか、黄昏ておりまっす↑
初尾瀬どうでしょう?? 



うわぁ、すごい大行列(・oノ)ノ 
やはり見晴周辺は、尾瀬ヶ原と尾瀬沼の中間点。
まるでターミナル。
小屋も多くの方々で賑わってましたね。



乾杯前に記念写真を1枚↑



みんな小屋で生ビールお買い上げ~そして乾杯シーン↑



ご存知麦わらシェフ↑
今回も腕を振るってくれましたよー。
 


お漬物女子ふみちゃんが不在だったため、お漬物男子までやっていただきました。
山男子でここまで料理ができる人もなかなかいません!!
どのメニューもうまそうでしょw
おれはいつも飲んでるだけ、ほんとありがたい(笑)

みんなと楽しい宴会もでき大満足な1日目。
雨もいい具合に上がってくれたことに感謝です。

さて、2日目。

みんなが起きる前、1人で散歩をして出かけました。
決して徘徊ではあいませんよ(←みんなはそう言うけど)笑
僕は山の時間の中で1番好きな時間が早朝。
この時間帯に見れる景色が好きで、例えみんなが寝てても1人抜け出してはいつも外をウロウロしてたりしまっす。



尾瀬の空↑



尾瀬ヶ原から見る至仏山・・・といきたいとこだけど、霧に覆われて見れませんでした。
でもそれでも少し影が見えてたような気がします。



朝日は雲に隠れちゃって見れなかったけど、この朝の空気はおいしい。



朝の尾瀬を堪能したところで、そろそろテントの撤収です。
収作業もスムーズにできたかなー。



朝の時間は朝食食べて、買い物して、荷支度して、あっという間に出発時刻です。
というのも、あまりのんびりもしれられません。
今日はとある方々と待ち合わせをしているし、至仏山にも登らなきゃいけません。

さぁ、今日もガンバって歩くぞ~!!!



小さなかわいらしいトキソウ↑



2人揃って何を撮ってるの~。



正解は紫のカキツバタでした↑



黄色のキンコウカ↑



木道歩き、3人揃ってパシャり。



ピンクのノアザミ↑



そしてmayoさん(^0^)/



からの男子部↑笑



最後は全員で~イェイ、( ̄▽ ̄)V



福島と群馬の境界線↑
これから群馬県に入りまっすw

途中龍宮小屋で小休憩。
ここからおれのカメラが狂い始めます。
これは~まさか九重と同じパターン??^^;
 
ここですれ違った団体のおばさま、おじさま達が「ふみちゃんがこの先で待ってるよー」って・・・
うっ、何??どういうこと??確かに山の鼻小屋辺りでふみちゃんと合流する予定になってるのだけど、なぜそれを??
よーく話を聞いていると、同じバスで、しかも途中の休憩場所で仲良く話をしていたらしい!!
とはいえ、よくおれらが山楽隊ってわかったよな~って思ってたら、かわいい女の子(←mayoさんのこと)と男3人のパーティとかなんとか・・・
そんな感じの特徴を聞いてて気づいたらしいです(笑)

それにしてもふみちゃんは、どこへ行ってもアイドルですねw

さてさて、前へ進みます・



地塘には緑の数々↑
ヒツジ草(羊草)っていうそうです。
きれいだな~。



この辺りは一面のニッコウキスゲですごかったなー。
ってことで写真をパシャり^^

そんなことをしてたら、牛首分岐でふみちゃんと合流。
どうやらおれらがなかなか来ないから、ここまで歩いて来てくれたようです。
遅くなってごめんね。

ふみちゃんも加わりここからは山楽隊みんなで歩きます。



ボッカさん見っけ。
確か昨年はこんな格好されられような(笑)



山の鼻小屋に到着しました。
ここで麦わらさんが南八ツでお会いしたという、ドリーさんとヤッキさん、そしてその友人のトモさんと初対面
穏やかで優しそうな3人の方々で、おいしいお酒飲めたでしょうか??笑
またどこかでばったりお会いできる日を楽しみにしていまっす^^
ほんと山での出会いは大切にしたいですね。
8人で記念撮影、パシャり、いただきました(^-^*)/
 


せっかくなのでここでも休憩タイム。
この先鳩待峠までは大きな施設はないので、用事はここで済ませなきゃですね。
さすがここもターミナル。
テントと人で賑やかでした↑↓



尾瀬の小屋はどこも豪華なようなので、いつか小屋泊でのんびりでもいいかもしれませんね。



いよいよ前回のリベンジ登山スタートです。
今回の至仏山登山は、僕の30座目の百名山でもあります。
山楽隊の仲間と登れてほんとうれしい!!



この木道歩くきから始まります。



樹林帯の中を一列で歩いていきます。
山では最後尾を歩くのが好きなおれ。
今日もみんなの背中を追っていきますw



ここのところの悪天候のおかげで、すごい泥水、しかも階段歩き~(ノДT)



まだまだ続きますよー。



森林限界まで来ると、尾瀬ヶ原が一望できます↑↓
みんなうっとり。



このお山は蛇紋岩という、植物のなりにくい岩で形成されているため、他の山に比べると森林限界が低く、この標高からでもこんな大展望があるようです。



テン泊装備で登るって疲れる~なんて言ってられません(笑)
ガシガシ登っていきますよ。



ここは滑りやすい岩場。
鎖が設置されていました。



ほんとこのルート、一気に登るって感じですね~。
ストレートに一直線って感じで、なかなかな登山道です。



さすがに連休中の至仏山。
尾瀬の山だけあって、前後に人が並びます。

CTを巻いていたので、この先でしばし休憩タイム。



足元に目をやるとオレンジ色のコオニユリ↑



ガスが出てきました~。
そして同時におれのカメラもお釈迦様(><)
よくわからないけど、どんな写真を撮ってもブレてしまいます。
どうやらレンズに問題があるようです。
この先はメンバーの写真で代用されていただきまっすね。

そうこうしているうちに山頂に到着してしまいました~。



至仏山(2228m)。
リベンジ達成^^
みんなでやったぞ~。
って喜びも束の間、あまりにも山頂が混雑していてビックリw(*゚o゚*)w
もしかしたら、こんなに混んでる山頂は初めてかもしれない、それくらいすごかったなぁ。
やっぱり尾瀬に名峰、侮れませんなw



下山道は小至仏山を通って鳩待峠まで。
山頂直下は岩場。
雨で岩が濡れ、しかもこの人×3、なかなか前に進みません。



ってことで、山道脇の空き地でランチ休憩にでもしましょうか^^
ここではせっかく作ったパスタをひっくり返すというトラブルあり。
でもみんなのお裾分けのおかげでお腹はいっぱい。
山も人も優しいですね(笑)
そんなランチが終了した頃、なーんと青空が~。



ルンルン気分の稜線歩き。
ここはいいね、すごく好きだなー。



みんなの笑顔もいいy(^ー^)



小さい至仏山に着きました。
ここはとっても狭い山頂なので、踏むだけ踏んで通過します。



えっ?こんな場所に湿原?
すごく気持ちがいい~(^o^)/
こんな見所があるなら、鳩待峠ピストンでも十分楽しめるような気がします。



あまりにも居心地がいい場所なので、みんなで記念撮影↑↓



やっぱり青空は映えますね~。
でもよかった!下山後に青空っていうパターンもあるので、どうにか間に合ってくれて。
ほんと九重のパターンにそっくり。



オヤマ沢で一息ついたら・・・
いよいよ尾瀬とのさようならの時間が近づいてきます。

最後に見た燧ヶ岳↓



ようやくお目にかかれましたね。
上での方はちょっと雲で覆われてますが、それでも見れたので大満足。
きっとまた来年もおいでよって言ってくれてるのだと思います(笑)



ようやく鳩待峠に到着しました。
最後にここでパシャりw

ここで汚れた靴を洗ったり、お土産を買ったり。
その後はバスに乗って戸倉Pまで戻り、麦わらさんカーで大清水まで僕の車を回収しに行きます。

帰りは昨年立ち寄った"わたすげの湯"で汗を流し、さっぱりしたところでトンカツ屋へ。
お店の名前何だったっけ??^^;
とにかくすごいボリュームでした。
おいしかったな~。

そんなわけで、今回は尾瀬沼→尾瀬ヶ原→至仏山と長いコースを歩くことができました。
そして、昨年叶わなかった至仏山の山頂も踏めたので、僕的にも記念すべき30座目の百名山をみんなと登れてうれしかったかな~。

尾瀬国立公園内には至仏山以外にも燧ヶ岳に会津駒ヶ岳もあるので、来年はこちらの2座に登れたうれしいな~なんて、今から想像してみたり(笑)

2年連続の尾瀬、来年こそ青空登山をしたいなぁ。


トシ