プロフィール

【山行データ】
H24.8.18~19 曇→雨→晴
トシ(ソロ)
聖岳(聖岳)3013m
日本百名山、静岡百山、信州百名山
CT 11時間50分(休憩時間含まず)
7:50聖沢登山口→8:25出会所小屋跡→9:10聖沢吊橋9:20→10:30造林小屋跡→12:20岩頭滝見合12:35→13:40聖平小屋4:50→5:10薊畑分岐→5:50小聖岳6:00→6:50聖岳(前聖岳)7:25→7:55小聖岳→8:15薊畑分岐→8:30聖平小屋8:45→9:45岩頭滝見合→10:50造林小屋跡→11:20聖沢吊橋11:30→12:10出会所小屋跡→12:35聖沢登山口
1日目:5時間20分 2日目:6時間30分


いよいよやってきました。聖岳登山。
登山を始めて半年。
この日をどれだけ待ち望んでいたでしょう!!
初ソロ3000m超えにして、自分の名の山。

そして初チャレンジ登山w
この頃はまだ一眼を持ってなくて、安いコンテジで撮った写真集です(笑)
 
18日の0時半に家を出発し、静岡市街を通り抜け、井川方面へと車を進める。 
そして真っ暗闇の道をひたすら走り、途中、小動物に何回も遭遇し、畑薙臨時駐車場に到着したのが3時半頃。家からちょうど3時間くらいだ。
 
朝まで車中で仮眠を2時間ほどとり、起きたのが5時半過ぎ。 
外で深呼吸をして、朝ごはんと準備を整え、さてと、はりきって行きますか~。



外を見ると車がいっぱい。ナンバーを見てみると、全国から集まってきているみたいだ。
大分とか青森とか、すごすぎるw
さすがは南ア南部のターミナルです。
赤石、荒川、聖、光と、目指す山はそれぞれですが、聖に行く人はどれくらいいるんだろう。



臨時駐車場から登山口までは井川観光協会のバスへ。
運転手のおじさんが少し変わった人でおもしろかった^^
登山口までは1時間くらい。未舗装の道を走ってきます。
15人くらい乗ってたかな。
 


8時頃に聖沢登山口。
登山マップ↑



ここから聖平小屋まではかなりの長丁場。
このときは、この山がこれほど疲れるとは思ってもなかった^^;



登山口から少し登ったところ。前の人は段ボールを背負ってます。
すごいな~。山小屋へ荷物を運ぶポッカさんかな。



これは何ていう花なんだろう??
きれいだったので撮ってみた。



この先、鉄橋があちらこちらに出現しますw



歩きやすい山道。
こんな道がずっとだったら楽なんだけどな~(笑)



この辺りは少し危険。策が設けられてました!! 



このようなガレ場がたっくさんある登山道↑↓



序盤はこーんな道が永遠と続きまっす。



吊り橋に到着。下の川に降りることができます↓



勢いよく水が流れてる。まるで滝のよう。
ここで小休憩^^



この辺りはまるでロックガーデン。
水場が近いせいか、苔のついた岩がゴロゴロ転がってた。
ここからしばらくは急坂が続きます。

足場の悪い岩場。
こういうところがいちばん大変。



え~、結構歩いたのに、まだあと2時間半もあるのか~(><)
でもがんばる!!



クマ出没注意!ちゃんと熊鈴持ってまっすw



ここから今日の後半戦。
まだまだ小屋までは長い道のり。



ハァハァしながらでも、こういう道がたまにあるとうれしくてしょうがない(笑)



もうこういうところは勘弁してほしい^^;
慎重に慎重に!!↑↓↓



これは木道って言っていいのだろうか。
でも南アではこんなところがいっぱいです。



ギシギシ、気をつけて~。



紫の花、ホソバトリカブト。



またまたガレ場。小屋まで行く登山道。



こういったところが本当に多い↑



さっきの吊り橋と違って、かなり揺れる^^;
でも高いところは大好きなので大丈夫。
5人も乗ったら揺れがすごそう。



黄色の花、キオン。
結構きれいでしょ??笑



ここは危険だ↑↓下手したら滑落してしまう。



ロープに掴み、慎重に進みまっす。



段差のある道が多いから結構体力を使う。
この辺りからさらに険しさが増してくる。



ご覧のとおり、後半戦はかなり辛い険しい道のオンパレード↑↓↓









なんか天気が悪いぞ。
雨が降りそうだ・・・。
ゴロゴロなってる^^;



何やら石碑が。ここで小休憩。
結構広いから、みんなここで休んでる。
ここから下を見てみると↓



お~結構高いとこまで登ったんだなー。
下が見るのが怖いくらい。



この赤い実は何でしょう??ここでしか見かけなかったw



お花畑。
紫と黄のコラボレーション。



この辺りから雨が降ってきました。
あ~あともう少しなのに~。
レインウエアを着ることになるとは(><)



 雨でぬかるんでる~泥んこ祭りです。



小屋まではもう少し↑↓
ここまで来ると、気分も上々^^



もう少しで聖平小屋ですよー。



山道の横には川が流れていて、周りはのお花畑。



ようやくながーい樹林帯歩きが終わり、聖平小屋に着きました。
もう13時半。ようやく辿り着いた~。
受付で名前を聖岳って書いたら、小屋の方が「そこは山の名前ではなくて、お名前をお願いします」って言われました(笑)
おれが「いえ、これが名前なんです^^;」と言ったら、「それはいいお名前ですね」って喜ばれました。
今日はここへ一泊しまっす。



お昼がまだだったので、軽く食べる!もちろんビールも(笑)
ここだとビールは500円。



夕食はこんな感じで、とてもおいしかった。
山小屋でも温かいもんが食べれるのはうれしい。
全く知らない人と話せるのも、また楽しいもんだ^^

食事で一緒のテーブルだった神奈川から来た人は、初めて登ったのが丹沢だったとか、隣で寝てた人は、明日は光岳を目指して歩くとか・・・。
山トーク、なかなか聞いてておもしろい。

夜20時には小屋全体が消灯時間。
まぁその前には疲れて寝ちゃったけど(笑)
寝床が畳で、シュラフに包まって寝る感じだったけど、これはこれで山小屋っぽくていい。
ベッドの部屋もあったけど、そこは道具部屋になってました。
たぶん、登山者が多いこの時期はそうしてるのかな??

この時間になると、結構寒い。
しかも外は雨。テント泊の人たちは大変そうだ。
良い天気なら、星空を見たかったな~。

天気予報では、明日は9時頃から晴れるらしい。
山頂に着くのが7時頃。

明日はいよいよ聖岳山頂。
どんな景色が待ってるんだろう。

そして2日目。

朝3時半起床。
久々に早起きした~山の朝は早い。
まわりのみんなは慣れているせいか、ほんと準備がはやい!!

2日目は、山小屋から聖岳山頂を目指し、その後は同ルートを下山するという予定。
歩行時間は昨日より長いけど、山頂まで行けばあとは得意な下山なので気分はいい。
疲れていたせいか、ぐっすり眠れたしね^^

朝食を食べて、さぁ出発。
時間は4時45分。
小雨がパラパラ。念のためレインウエアを着なきゃ^^

小屋にザックはおいて、山頂まではサブで往復しまっす。
そのほうが帰りに体力残しておけるし、何しろ楽なのでw

この小屋からだと、聖岳より上河内岳のほうが近いみたい。
時間があれば縦走したかったなー。



昨日たくさんあったテントも、出発時には半分くらいになってた。
次はテントで来たいな。 



天気が不安定。 
山頂から良い景色は拝めるのだろうか?? 
晴れよ、晴れよ~!!!



薊畑分岐↑↓(奥左が西沢渡、奥右が聖岳方面)



当初の予定では、西沢渡方面から登ってくる予定でした。
 でも登山口に辿り着けないということで、今回のルート(1日目ルート)に変更。



おっ、天気が良くなってきたw
今日の予報は晴/曇、ようやく晴れてきた(^0^)
よっし!!やる気出てきた。



まだまだ山頂までは遠い!
こんな険しいところもありまっす。



山に光が当たってる!



ようやく稜線に出てきた。
しかも青空じゃんw
やった~と胸が躍る(笑)
小聖岳はあの上だ!!!



小聖岳に到着。2662m。
太陽が眩しいw
先客が3人ほどいたので、うれしいあまりおしゃべり(笑)
みんな待ってました~ってばかりの笑顔だった!!



で、疲れ過ぎてよれよれなおれ↑
はい、よく頑張りました~ってまだ山頂じゃない(笑)
まだこの先、標高差400mを一気に登ります。



山頂が見える。
近そうに見えて、ここからの登りが一番きつかったなぁ。
よし、頂を目指してもう一息頑張ろう。



聖岳(前聖岳)山頂↑↓3013m。
日本アルプス最南の3000m峰。



こちらもご立派な標識↑



Southern Alps Mt.Hijiridake.外国人でもわかりますね。



富士山だってバッチリさ。
雲の上に立ってる!!
高い!空気がうまいw
やっぱり朝の景色が好き。



奥聖岳につづく稜線。
まるで神様にでもなった気分。



赤石岳に大沢岳、兎岳もよく見える。
たぶん、聖より赤石に登ってる人のほうが多いだろうな~。
ほんと南ア南部はでっかい山が多い。



逆側は上河内岳、茶臼岳、光岳方面。こちらも景色がいい。
こっちの山々、来年行こうかなー。



記念撮影。両脇にいるのは夏のシーズンだけ山小屋の手伝いに来てる人たち。
おれに続いて登ってきてたようです。
この2人、ほんと健脚で速いんですよー。
「あっ、昨日いた聖岳さんだ」って言われましたw
お菓子とリンゴをいただいちゃいました^^
山頂で食べるリンゴ、めちゃうまかったな~。
ほんとお世話になりました。



写真を撮ってもらいましたよ!!
向こうには赤石岳、いいアングルだ~。
愛おしい聖岳、なかなか山頂を離れられませんが、そろそろ下山開始しなきゃです。
ほんと山頂はよい天気、晴れ男パワー発揮できてよかったです。



山頂から戻り、通り沿いにはお花畑。
色とりどりできれい。



ここまで来ればもうすぐ小屋だー。
ほぼ予定通りに着きそうだ!!



小屋近くまで来ると、お疲れ様とフルーツポンチが食べられる。
これがまたうまいw



ほんと天気が回復してよかった~。周りの景色もVery Good!!↑↓



帰りは小屋に寄り、水を補給して、バスの時間に間に合うように元の道を下山。
やっぱり下山は早いなー。
でももう少しバスが遅い時間があると助かるかな~って思いました。

とはいえ、帰りは帰りで途中左足の指を痛めちゃって、段差があるところがヤバかった(><)
靴がきつかったのか、結びが甘かったのか??
まだまだ慣れてない証拠かな。

今回の単独登頂でいろいろ学ぶこともあったし、何しろ、自分山にこうやって登れたのが何よりうれしかったですね。
2日目は良い天気にも恵まれ、山頂からの景色はもう最高。
これだけでもお腹いっぱいなくらいです。

はじまりが聖で帰るところも聖。
またきっと来ちゃうんだろうな~。
いや、絶対また来るさ。
それまでに足を鍛えておかなきゃ。

やっぱ南アルプス最高です(^0^)/

トシ