プロフィール

【山行データ】
H25.1.4 晴
トシ&ハッチさん
三方分山(さんぽうぶんさん)1422m
山梨百名山
CT 3時間30分(休憩時間含まず)
7:35精進湖P→7:43登山口→8:12女坂峠→8:52三方分山9:12→9:18精進山→9:40精進峠(三ツ沢峠)→10:20根子峠→10:32本栖湖分岐→10:40パノラマ台12:05→12:10本栖湖分岐→12:15根子峠→12:45パノラマ台下バス停→13:00精進湖P



1/4、正月休み最終日に山梨百名山の三方分山まで行ってきました^^

昨年の毛無山、竜ヶ岳に続き、最近はこっち方面の山が多いかな。
って自分がセレクトしてるんだけど(笑)
やっぱり空気が澄んでるこの季節は富士山がきれいに見えるので、自然によく見える山へ足が運んでしまうのかなーって思いますw

今回は山友ハッチさんが同行してくれるということで2人登山!!
歩行ペースも同じなのでサクサク登れたかなー。
パノラマ台では絶景を見ながらの大休憩もできたしすっごくオススメですよ。

さーて、そろそろ山旅をスタートしましょう^^


道の駅朝霧高原でハッチさんと待ち合わせ。
そこから精進湖Pへはおれの車で移動しまっす、ここですね↓




ここの駐車場は広いので、堂々と車を置いていくことができます。
そこでちょっとしたアクシデントが~。
あのしっかりもののハッチさんが、まさかランチを朝霧Pへ忘れてしまったようで、近くのコンビニで買うことになりました(笑)

ここから登山口まではしばらく舗装道を歩きます。
この辺りは古い家並みが見られました。



10分もかからないうちに登山口に到着。
ちょうどおれらの後ろに山岳会らしき人達がやってきました。



この木道を渡り・・・



こんなところを横目にしながら登っていくと、次第に雪が登場しまっす。



積もってるといっても、この程度なので軽アイゼンもいらないくらいですね。
ただ滑りやすいのでチェーンスパイクくらいあったほうが安心感はあるかもです。



女坂峠に到着。
ここまで登るってくると、ここからは稜線歩きとなります。
時間があれば五湖山経由で王岳まで行っても楽しいかもしれません。



女坂、正式的には阿難坂っていうらしい↑
そんな説明看板が設置されていました。



首のない石仏たち↑
ちょっと怖いけど、きっと何か意味があるんだろうなー。



山頂まではこんな感じ↑↓
陽の当たり具合で雪があったりなかったり。



ハッチさんの歩く姿↑
前を歩きながら隠し撮り(笑)



三方分山(1422m)。
記念に2人で一枚('-^*)/
さすがハッチさん、決まってますね~。
いっつも同じ格好してるおれとは大違いだ^^;



雪の三角点をダブルタッチw



珍しく富士山の山頂付近に笠雲がかかっていまっすね。
この日の天気はこれから晴れてくるようなので、パノラマ台に到着するまでには青空富士山が見れるはず!!

しばらく休んだら出発です。
ってまさかここでハッチさん、山頂に水筒を忘れそうに・・・っていうのはここだけの話(笑)



数分歩くとちょっとしたピークがあって、ここが精進山??
岩の上にこんな目印がありました↑

そしてここからパノラマ台まではちょっとしたアップダウンの連続で、登ったと思ったら下ったりって感じです。



精進峠(三ツ沢峠)に着きました~。
ここから精進湖方面に下ることもできるみたいだけど、おれらはパノラマ台に寄り道するので、まだまだ真っすぐ歩き続けます。



これくらいの雪道なら、気軽に登れていいですね。
ちょっと楽しみたい人にはちょうどいい感じです。



この稜線からは南アや八ヶ岳の展望はないってことだったけど、探せばあるもんですね。
地図にない展望台を見つけてしまいました^^
ちょっと山道から外れたところを登ると・・・(もちろん安全です)



ちょっと南ア方面は雲に覆われちゃってるけど、よーく見えてます。



おっ、八ヶ岳はバッチリじゃーん(o^-')b



おれとハッチさん大喜び↑↓笑



せっかくなのでここでも写真をパシャパシャ。
でもパノラマ台からの光景はこんなもんじゃないですよ^^



パノラマ台手前の分岐地点。
この辺りからは広々とした山道で、とっても歩きやすかったです。



こーんな感じですね。
すっかり雪もなくなってまっす。
そこをある先に待っているのが、第二の目的地パノラマ台↓



ここは本当にいいんです。
まず最初に目に飛び込んでくるのがどーんとした富士山↓



さっきまでの笠が消えて、青空富士山にо(ж>▽<)y ☆



目を右に向けると竜ヶ岳、雨ヶ岳。
その下には本栖湖。
このセットいいなぁ。



さっき登った三方分山↑
ずっと先には奥秩父の山も見えていました。
頂上から三方に尾根が張り出す感じがわかります。



精進湖の向こうに見える御坂の山々の展望もすばらしい。
十二ヶ岳や鬼ヶ岳は行ったことあるけど、王岳にも行ってみたいなー。



こんなに天気が良くて展望がいいと写真の数も増えまっすね。
ハッチさんも気に入ってくれたご様子↑笑



ランチをいただき、お菓子にコーヒーも。
絶景を見ながらの贅沢な時間を過ごすことができました(≧▽≦)
ほとんど風もなくって、日当たり良好な場所なのでポカポカ陽気。
ここで寝れちゃうくらいw




変な飲み方と言われても気にしませーん。
ちょっと熱かったからカップインしちゃいましたw



富士山をつまんでみたり。
食べれそうな気がしてきました(笑)



富士五湖って表面上から見ると同じように見えるけど、水深がこーんなに違うんですね。
山中湖が一番浅くて、本栖湖が一番深いようです。


最後に絶景をもう一度↑
名残惜しいけど、まったり休んだところで下山開始です。



帰りは根子峠まで戻り、そこから下へ向かいます。
途中アイスバーンで滑りやすいので注意が必要です。



この木橋までは白い道ですが、そこから下は枯葉の絨毯のような道で歩きやすかったかなね。



こーん感じです↑
雪道で何回滑りそうになったことか、こういう道に出てくると安心です。
結局アイゼンいらずでしたね。



行きの登山道と違い、下山道からはずっと富士山が木々の間から顔を出してくれていました^^



下山完了。
精進湖からは湖越しに大室山を抱いた"子抱き富士"が見れます。



もちろん、下山後ノ楽しみの温泉も忘れていませんよー。
近くにある山田屋ホテルの温泉"日之出の湯"です。

ここは古いホテルではありますが、富士山が見れる展望風呂があっていいです。
しかも、タオルを忘れたおれにただでタオルを貸してくれました^^
ホテルに泊まらない温泉客にここまでしてもらえるとはうれしかったですね。



せっかくなので帰り道に本栖湖にも立ち寄り、この風景わかりますか~??
千円札の裏側を見てくださーい!!



最後は道の駅でアイスですね↑笑
やっぱりこうなっちゃうわけですw
このアイス、ハッチさんオススメでしたがおいしかったです。

そんなわけで、年始早々好天に恵まれ、男二人で楽しい山旅ができました(笑)
楽しかったな~v(^-^)v

あっ、そういえば赤岳鉱泉レポまだだったっけ。;
早く続きを書かなきゃだー^^;

次回はどっさり積もった雪山にでも行きたいところです。

トシ