プロフィール

【山行データ】
H25.10.27 晴
トシ&Chiantiさん(山師匠)
十二ヶ岳(じゅうにがたけ)3683m、節刀ヶ岳(せっとうがたけ)1736m、鬼ヶ岳(おにがたけ) 1738m
山梨百名山
CT 5時間30分(休憩時間含まず)
7:30毛無山登山口→8:45毛無山8:58→9:45十一ヶ岳→10:16桑留尾分岐→10:18十二ヶ岳10:48→11:28金山→11:42節刀ヶ岳12:30→金山→13:03鬼ヶ岳13:28→14:06鍵掛峠→14:50鍵掛峠・王岳登山口→15:00西湖いやしの里根場


10/27、山梨は十二ヶ岳まで行ってきました。

前日の深夜まで大雨。
これは本当に日曜は快晴なのか~って疑ってしまったくらいでしたが、翌日は予報通り快晴。
なかなかやるじゃーんって思いながら、今回の登山がさらに楽しみになりましたw

というのも、今夏の光岳登頂時に出会った山友さんと行く、大切な山行きだったからです。
おれのなかでは山友というよりは、山の先輩、師匠(←勝手に命名)と言っていいかもしれません!!笑

今日は富士山がどーんと見えますよー。
なんせ近い山なので!!

それでは富士見登山、開始しまっす(^-^)/
 


西湖から見る富士山。
登る前に撮ってみましたw
今日は絶景が期待できそうな予感、よしっ、レッツゴーp(^-^)q

師匠といやしの湯で待ち合わせ。
おれの車はここに置いて、もう一台の車で毛無山登山口へ。
その間にパっと朝食を済ませます(笑)
駐車場は文化洞トンネルを抜けたところ。
そのすぐ近くに登山口、ここがスタートラインとなりまっす。
 


毛無山登山口から登り、しばらくはこんな山道が続きます↑
とっても歩きやすく整備もされているのでさくさく登っていける^^
 


うん、絵になる光景。
やっぱりいいな~山の空気はおいしいですね。
 


明るい山道。
木漏れ日がいい感じ、マイナスイオンたっぷり。
 


富士山&西湖↑
ここからは富士見登山だ!!
 


秋を感じさせてくれるススキ↑
 


じゃまとめて撮ってみましょう。
富士山の前にはススキと紅葉。
秋だ~秋山だ~いいねぇ(^-^)/
 


毛無山に到着しました~。
1500mジャスト!
がーん、山頂標識の毛の字が痛いことに^^;
ほんとの毛無ってこういうことなのね(笑)



毛無山から富士山。



そしてやっぱり記念撮影(笑)



恒例の三角点タッチ。
スントの時計も一緒にね。



もう一度富士山を振り返ったら、さぁ十二ヶ岳を目指して出発です。



この十二ヶ岳、名のとおり、一ヶ岳からピークが12箇所あって、こんな標識が目印になっています。
ちなみに↑は三ヶ岳です。



ピークを越えては下り、また登り・・・。
十ヶ岳辺りまで易しいアップダウン^^



この先に待ち構えている十二ヶ岳。
山の囲む緑に黄に赤。
今しか見れない景色です(´∀`)



うん、いい感じ。
紅葉も立派。
こういう景色は山歩きが楽しくなります。



アップダウン時々こんな道(笑)
ね、易しいでしょw



八ヶ岳に行ってきました~って嘘嘘(笑)
これは"はちがたけ"と読むそうです。
ここは隠れた撮影スポットらしい。



まだまだ登っていくよー。



十ヶ岳を越えた辺りから、鎖、ロープだらけ↑↓
滑りやすく、危険個所が多いので要注意です。

遠くから女性のキャーっていう声が聞こえてきまっす。
どうやらこの先にはまだすごいのところがあるよう^^;



吊橋、その先には急登が待ち構えてます(><)



揺れる揺れる、って体が揺れたわ~(><)
意外に怖い(笑)



吊橋渡ってすぐ。
なんじゃこりゃ∑(゚Д゚)
たぶんここがキャーと叫びたくなるところ??
確かに少し危険な香りがする!!
実際手が滑ったぞ(><)
ロープを使っての長い登りとなります。



登りきると絶景ポイント(-_☆)



ここからはさっき登った毛無山と河口湖が見えます。



お~近隣の山々の稜線がくっきり。
地図で調べてみました。
たぶん、金堀山、不逢山、中藤山、破風山、奥に見えるのが釈迦ヶ岳かと思いまっす。



あっ、写真を撮っていると師匠が登ってきました!!
結構険しいでしょ??



桑留尾分岐。
十二ヶ岳だけを登る人はここから登ってくると時間短縮できます。



燃え上がる木々(笑)
真っ赤だ~きれい。



十二ヶ岳に着きましたー。
1683m。
今山行きのメイン。
もちろん富士山の展望は言うことなしです。



逆光ですが、どうにか写真撮影成功(^-^)/
山梨百名山。

山頂に居合わせた方にリンゴいただきました。
冷たくてうまかったなぁ。
そういえば聖に登った時もリンゴもらったなー。



賽銭箱もありまっす↑



そして山頂の奥にある岩に登れば・・・



南ア北部の山々がよーく見えました。
農鳥~北岳、少し雲がかかってるけど仙丈に甲斐駒もw
いいね~テンションUP。



これから向かう金山(左)、そして節刀ヶ岳(右)



鬼ヶ岳↑
確かによーく見ると鬼に見えないこともない(笑)



この下りも結構なもんです↑
下ったら、もちろんその先はぐいぐい登りまっす↓



ハシゴも登場。
十ヶ岳からこの辺りまでは気をつけましょう。
アスレチックのようで楽しいですが、滑ったらヤバイ。

イロトリドリの世界が広がってました↑



金山山頂。
ここって山??というよりただの分岐ポイントのような感じ。
右へ足を進めます。



金山から節刀ヶ岳までは10分ちょい。
こんな道好きだなー。



節刀ヶ岳に着きました。
1736m。
ここも山梨百名山。
山頂には8人くらい??の登山者がまったりしてました。
山ガールに山ボーイの皆さん、元気だなー!!
「皆の者、私についてこーい」笑

さて、ここで昼食タイム。
師匠にラーメンにコーヒーをいただきました。
やっぱり山飯はうまいぞ。



もちろんここでもパシャりねw



2回目の三角点タッチ。



ここから見る富士山も最高だよ(o^-')b



少し遠く感じるけど、南ア南部だって負けちゃいません。
聖~荒川岳だってバッチリ。
この角度で見ると、こんな風に見えるんだな~。



三ツ峠山(左)方面。
こっち側のお山にも登りたいな。



秋山って涼しいから登りやすいし、秋の景色も見れるし、やっぱりこの季節の山登り好きだなー。



鬼ヶ島じゃなくって鬼ヶ岳に着きました(笑)
1738m。
御坂山地の山々、気に入りました!!
ここにも数人の登山者がいますねー。
天気良く絶景ということで、皆さんバッチリ撮影タイムです。



鬼ヶ岳の小さなオベリスク!!笑
これが鬼の角ってことなのかな??
それにしても何で尖がってるもんを見ると興奮するんでしょう??
槍とか鳳凰のオベリスクとか・・・



みんなここに立って写真撮っていたので、おれも撮ってみました↑
よっしゃー!今日も絶景をありがとう。



鬼ヶ岳から富士山。
富士見登山だけに、富士山を見ながら稜線歩き。
そしてどの山からも景色が良くって最高なんです。



本栖湖が見えます。
以前登った竜ヶ岳、雨ヶ岳、毛無山も見える。
三山縦走もやってみたいところ。



鬼ヶ岳をあとにして、まだ時間もあるので鍵掛峠経由で下山することにしました。



ここまで来ると富士山もそろそろ見納めです。



さーて、下山準備OK??
帰りも慎重に行きましょう。



もちろんおれシャドーも忘れずに^^



鍵掛峠。
ここも標識には山頂と書いてある、ここって山頂なの??



峠から見る王岳↑
次はこっちも歩いてみたいです。



最後の最後まで天気が良くって、歩きやすい下山道。
おかげであまり疲れることなくここまで来れました('-^*)/



十二ヶ岳、王岳登山口。
ここから登ることもできるんですね。

登山口からしばらく歩くといやしの里に着きます。
ここは観光名所のようで、人でいっぱいでしたw



いやしの里根場から駐車場まで歩く予定だったけど、ちょうどバスがきたので乗車。
ってか、次何分にくるんだろうと時刻表を見る前にバスに乗ってました(笑)
すっごいタイミングが良すぎてびっくりだ!!



帰りは"いずみの湯"でまったりモード。
う~ん温泉いいね。 

そんなわけで今回の山行き、朝から夕方まで快晴。 
富士山が近く、紅葉もきれい、そして山道も整備されてて歩きやすい。 
岩場もあって、ロープに鎖にハシゴ、アドベチャーな世界も楽しい。
山飯も美味しかったし、下山後は温泉にもはいって・・・。
何より南アで出会った師匠と登れたのがうれしかったですね。
これだけでも十分なくらいです。

山友さんが十二ヶ岳よかったよーって言っていたので、登ってみたかったお山。
点数でいうと120点でしたw

秋山も最高だ~о(ж>▽<)y ☆
 
おしまい。

トシ