プロフィール

【山行データ】
H24.9.29 晴/曇
トシ&トレッキング静岡の皆さん7人
瑞牆山(みずがきやま) 2230m
日本百名山、山梨百名山
CT 4時間15分(休憩時間含まず)
6:50瑞牆山荘→07:40富士見平小屋07:50→08:20天鳥川08:30→10:00瑞牆山11:35→12:35天鳥川12:45→13:05富士見平小屋13:15→13:50 瑞牆山荘


9/29、前々から行ってみたかった奥秩父の山へ登ってきました。

今回はソロではなく、7人のメンバーと一緒の山行き。
久しぶりの大人数。
「トレッキング静岡」のコミュの皆さんに同行されていただきました。

1時半に家を出発し、瑞牆山荘駐車場に到着したのが4時半。
6時半集合ということだったので、1時間半車中泊。
といっても少し寝ただけ(笑)
思ってたより寒くて寝たり起きたり寝たり起きたり・・・^^;
でも仮眠&体力温存できたので、気合い十分。

時間になり皆さんと無事合流。
これからみんなと登ってきまっす。

行ってきま~っす。



瑞牆山荘↑
道を挟んで登山口があります↓
ここから金峰山、小川山を目指す人もいるようです。



まずは富士平まで。
標識には富士見平50分、瑞牆山2時間50分って書いてあります。



さぁみんな頑張って登ってきましょう^^



富士見平。
ここが瑞牆山・金峰山分岐地点でもあります。
それにしても今日はいい天気だ~。



空を見上がれば木漏れ日。
これなら山頂からの景色は期待できそうだぞ!!



富士見平小屋。
緑に囲まれてて雰囲気もいいですね。
近くにはテント場もありました。
ここでしばし休憩w



品揃えのいい小屋内。
帰りに山バッジを買うぞ~。



富士見平をあとに、この辺りは歩きやすい登山道。



山道を歩いていると、おっ、見えてきたぞ~。
すごい迫力の岩塊∑(゚Д゚)



ここから少し下っていきます。
おれは最後列を歩きます。



天鳥川って書いてあります。
登山口からちょうど1時間半。



これが天鳥川??
周辺には広場があり、ここで一休憩です。



登りも後半戦。
ここから先は、ほとんどが岩場です。



ほんの一部ですが紅葉も見れました。
これからがシーズンですね。



さらに登ります。
さすがリーダーは健脚ですね。
スイスイ登っていくきます。
おれもあとに続かなきゃ^^



この辺りから景色が開けてきまっす。
お~ビューティフォー!!
富士山ばっちりじゃん(o^-')b



まさか撮ってる姿を写されていたとはびっくり。
横顔がいい感じに陰になっていたので、そのまま載せちゃえ(笑)



登るにつれて、岩塊の迫力がアップ。



ドッシリ((((((ノ゚⊿゚)ノ



周囲の山々も見えてきましたよー。



岩場ではロープも登場。
やっぱりこうじゃなきゃねw



あっという間にここまで登ってきました。



恒例おれシャドー。
でも最近は正体がバレてるからあまり意味ないか??笑



黒森分岐。
小川山林道につながっているみたい。
おれらは山頂へ。
標識には10分と書いてありますが、実際は5分ちょいの道のりでした。



最後に梯子を登れば、その先は・・・



ようやく山頂へ着いたぞ~!!!

瑞牆山、2230m。
瑞牆、今更ながら山名がかっこいいですね(笑)

さて、絶景を見せてくれー、どうぞ↓



まずは金峰山&富士山。
こんなコラボが実現するとは素敵だ。



やっぱりきれいな富士山。



そして金峰山。
あの尖ったところが山頂でしょうか??
奥秩父の重鎮、圧力を感じまっすね。



小川山。
このお山はクライミングでも有名なんですよね。
瑞牆と金峰とまた違った雰囲気がいい。



うっ、またいつの間にかにパシャリされてました。
おれはどこを見ているのだろう^^;



みんなで写真撮影↑
リーダーが撮ってくれました!



こちらは南ア北部の山々が見えます。
左には間ノ岳&北岳、右には仙丈ヶ岳&甲斐駒ヶ岳。
そして山々を結ぶ稜線までくっきり。



間ノ岳と北岳。
8月、北岳に登りました。



仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳。
甲斐駒には1年前、そして先週登った仙丈。
このコンビもいいですね。



続いては八ヶ岳です。
ほぼ全体が見渡すことができます。



中央、一番高いところが主峰赤岳。



よしっ、八ヶ岳をバックに一枚!!
みんなこの位置で撮っていたので真似っこしてみましたw



山頂は大きな岩。
寝っころがることも可能です(笑)
おれはラーメン食べてたり。
ほんと穏やかな日だなー。



瑞牆山のシンボルともいえる"大ヤスリ岩"↑
さすがは立派な岩です(笑)
とはいえ、山頂から見下ろしてみると・・・こわっ(><)
こりゃ滑落でもしたらタダじゃすまないぞ。



瑞牆山最高(^O^)/
思っていた以上の展望でした。
さて、ゆっくり休憩をとったところで下山開始です。



団体20名様ご一行が登ってきました。
みんな元気!おれも30年後もこうやって歩いているかな~。



岩と岩の狭い空間。
ここを通りまっす。
こういうところ好きだったりしまっす。



みんな登りと違って、下山は速いこと速いこと^^
まだ体力気力共に十分だったりして??笑



富士見平小屋に戻ってきました。
いつの間にかテントがちらほら。
おれも泊まりたいw



みんな無事下山完了v(^-^)v
登山口でパシャ。
お疲れ様でした~。

今回の山行きは、久々な大人数で、しかもみんなお初な方々。
馴染めるかな~とか、ちゃんと待ち合わせ場所で合流できるかなーと不安なところもありましたが、全然大丈夫でした。
それどころか、同じ山好きな皆さん、仲良くしていただき本当にありがとうございました^^

ソロ登山もいいけど、2人で登山、大人数での登山もいいもんですね!!
どんなスタイルでも山に登ることには変わりない。
これからも老若男女問わず、いろんな山好きさんたちと登れたらうれしいです。

さて、汗をかいたところでみんなで温泉。
増富の湯ってところへ行きました。
25℃、30℃、35℃、37℃の源泉から選んで入ることができます。
おれは37℃が適温でしたね。
のんびーりできて快適です。

温泉のあとは、山梨といったら名物ほうとう。
 清里高原まで車を走らせ食べてきましたよー。

おれが食べたのが豚肉ほうとう。
食べても食べても減りません(笑)
とってもうまかったですね。
 他にも、かぼちゃほうとう、熊肉ほうとう、すっぽんほうとうetc。
 熊肉とすっぽんは高いお値段。
熊肉どうでした??笑
 
こんな感じに、とても楽しい山旅でした。
 
幹事さん、そして皆さん、最高の1日をどうもありがとうございましたm(_ _)m

トシ