プロフィール

【山行データ】
H27.5.16~17 曇→雨→晴
山楽隊メンバー5名
雲取山(くもとりやま)2017m、鷹ノ巣山(たかのすやま)1737m
日本百名山、新日本百名山、花の百名山、関東百名山
CT 10時間10分(休憩時間含まず)
9:18雲取山登山口→10:22休憩場所10:30→10:52堂所→11:40七ッ石小屋下12:00→12:40ブナ坂→12:55ダンシングツリー→13:15奥多摩小屋(テント場)3:25→3:45小雲取山→4:15雲取山4:45→4:50雲取山避難小屋5:00→5:20小雲取山→5:45奥多摩小屋(テント場)8:30→8:35ダンシングツリー→8:45ブナ坂→9:00七ッ石山9:10→10:12日薩名栗峠→10:38鷹ノ巣山避難小屋10:50→11:20鷹ノ巣山11:42→13:35倉戸山13:45→14:40倉戸口バス停
1日目:3時間20分 2日目:6時間50分



5/16~17、雲取山&鷹ノ巣山を縦走してきましたw
覚えてますか?1年前にも雲取にはテン泊で来てたりしまっす。
もう恒例行事になりつつある??そんな感じですね。

"山楽隊、夏山テン泊トレーニング"って言ったところでしょうか^^

この時期のテン泊にちょうどいい手頃なお山。
そして東京最高峰で百名山、言うことないでしょ!!

当初、麦わらさんが昨年と同じ鴨沢ピストンの予定でスケジュールしてくれていました。
しかーし、僕が今年は違うコースを取り入れたい、もっと長く歩きたいってことでこのコースを提案しました。
2日目がちょっと辛かったな~って感じだったけど、良いトレーニングになったかな??笑
僕的にはまったり気分と山トレ気分、両方楽しめた山旅になったかなって思いました。

これで今年の夏山準備OK??それでは今年初の山楽隊登山始まり始まり(^o^)/

朝6時半、八王子駅でmayoさん、mayoパパ、ふみちゃんを拾い奥多摩駅へ。
7時半集合予定でしたが、やっぱり朝の時間は早い×2。
結局40分くらい遅刻しちゃったかな、お待たせしました~^^;
駅から大麦代Pまでは麦わらカーとトシカーの2台で向かい、そこで僕の車に乗り合わせ登山口へ向かいます。
今回のルートはピストンではないので、2台の車をうまく利用しました。

登山口Pに着いたら、すぐに準備して、さぁ登山開始。
この時間でPには7台の車、悪天なためこの日に登った人は少ないのかな??
さて、さっきまで降っていたパラパラ雨も止み、ちょうどいいスタートです。



登山口はすぐそこ、出発前の4人の後姿ですw



1年ぶりの雲取山、張り切って登るよー。



麦わら隊長を先陣に、僕は最後尾を歩いて行きます。
やっぱりこの並びが好き。
何か気持ち的に落ち着くんだよね。

そうこう登ってると、おや、見たことがある人が下山してくるじゃないですか~。



それは、4月に飯盛山でご一緒していただいたAKIさんでした。
すぐに分かりましたよー。
颯爽とした足並みに笑顔、これは間違いないってね。
ブログの山頂なうでこの山に来ていることは知ってたけど、まさかここでお会いできるとは!!
この日は天気が悪かったため、当初の予定を変更してこのルートで下山してきたようで、おれらがこのルートで登ってくるんじゃないかなって予想していたようです。
ここはお互いの予定もあるので、軽く挨拶をして、またね~(^0^)/
あっ、おれがいなーいってことで、AKIさんカメラです↓



楽隊&AKIさん、6人でのコラボ写真。
どうもありがとうございましたm(_ _)m



さぁ歩き出しましょう。
所々プチ休憩を取り、あっと堂所まで。



堂所に着きました。
ここではかるーく水分を摂ってそしてすぐ出発。
すれ違ったおば様たちに「大学生ですか~??」なんて言われ、ちょっと嬉しかったり。



最近はこの並びが定着してきたようなw
麦わら隊長を筆頭におれは最後尾。
この形が一番きれいな感じがするんだなー。



昨年もおんなじような写真を撮ったような。
ツツジと山楽隊↑笑
こういうコラボ写真、結構好きですね。



七ッ石小屋下までやってきました。
昨年はここから小屋経由で行ったけど、今回は天気もいまいちなのでスルー。
明日の長歩きのために体力温存です^^
ここで軽く行動食をいただきました。
麦わらさんより「山よりだんご」笑
いや、おれは山を選ぶw



ブナ坂からは石尾根縦走路の稜線歩き。
おっ、富士山が顔を出してるじゃないですか~。
今日見れるとは意外でしたね。



mayoさんとふみちゃんは、山より団子ではなかった?ようですね(笑)
ちゃんと花にも興味があるようで安心しました^^



なぬ~いつの間にmayoさんがトップバッターに~。
ダンシングツリーに一番乗りです。
何とか体操の効果で、日に×2健脚になっているから驚くばかりw(゚o゚)w



こんなに差がついてしましました(笑)



そしてあとを追う麦わら隊長w



さぁここからはみんなで歩きましょう。



あっという間に奥多摩小屋に到着。
2度目ということもあってここまで早く感じましたね。
ここの小屋は素泊まりのみの昔ながらの小屋です。
僕らはテン泊なので500円払って、さぁテントの設営だ~。



もう随分慣れた手つきになってきました^^
数踏めば要領もわかってくるので、昨年よりスピーディに張れたような気がしました。



どうやら山楽隊は緑が人気のようで、おれだけが黄色↓



こんな感じなテン場。
今回は前回より早く出発したので、良い場所をキープできたかな^^



テントが張り終わりました~。
さて、軽くランチタイム。
ここまで行動食のみだったのでw



そこで麦わらさんから女性陣にプレゼント↑
さすができる男は違いますね!!
大喜びでした。

ご飯を食べた後は夕方までまったりタイム。
みんな寝ていたようですが、何やら隣のテントからガサガサと音が・・・



ここからちょっと下ったところに水場があるので、ディナータイムの前に準備しましょう。
ここで初めて気付いたのだけど、偶然3人とも同じ手拭を持っていました。
これは僕も持ってるしらびそ小屋の手拭いだ~。
持ってくればよかった~なんて^^
こんなことをできるのも仲がいい証拠かもしれませんね。



水を汲んで、顔を洗って、すっきりしたところで、さぁ宴会のはじまり。



みんなでかんぱーい(^o^)/
うん、やっぱりビールがおいしい。



おまけに食後のプリンまで入ってる。
こんな入れ物があるんですね~。
これはテン泊には便利な道具ですね。



mayoさんから温かい汁物配られました。
そしてパパさんからはトーストを。



何やらガサガサの正体は、麦わらさんがチラシ寿司を準備していたようです。
ふみちゃんからはお手製の漬物が~。
"お漬物女子"の称号が与えられましたw



長ーい世間話をした後、20時過ぎに就寝。
とはいっても、小屋では賑やかな宴会が続いていたようです。

夜はザーザー降りの雨(><)
でもその雨も1時頃には止み、出発する3時過ぎには星空がきれいでした!!
みんなも寝坊しなかったようです(笑)
おれは2時半くらいから外を徘徊してましたけどね。

さぁいよいよ2日のスタートです。
今日は天気が良さそうなので楽しい山歩きができそう。
まずは山頂へ向かいます。
ヘッデンつけて真っ暗な道を登っていきますが、前が見えてないくらいがちょうどいい^^
重たいザックはテン場に、アタックザック(おれはポーチ)のみだから体もかるーい。
涼しい朝の時間なのでスイスイ登っていけちゃいます。

でも・・・ちょっとガスってきた??



雲取山(2017m)山頂に着いたぞ~。
東京側の標識が新しくなったんですね。
でも標高が書いてないのがちょっと残念かな^^;



日の出まで時間があったので、しばらく待ちます・・・というか今日は見れるのか~なんて思ってたら



あれは、まさか~



Mt.Fujiでした!!
見れないと思っていたので、頭だけでも見れてよかったです。



日の出の時間なりました。
みんな同じ方角を見て、あの雲がもう少しなんて言ってましたね(笑)
結局、空は明るかったけど、昨年のような御来光を拝むことができませんでした。



最後にみんなで記念撮影↑と三角点タッチ↓



今年もこのメンバーで登れたことに感謝です。
どうもありがとう。



テン場まではピストンです。
避難小屋に行くと空が明るくなってきましたよ。



雲の狭間から光が射してきました。



青空と雲とガスがちょうどいい感じに入り混じってます。
幻想的~。



こんな景色を見て、やった~のポーズ↑
テンションが上がってしまいますよね



ガスが一気にとれていきます。
そしたら、見てください、こーんな景色が広がってました。
ほんと山って不思議だなー。



さらにテンションアップですね。
どうやら2日目は良い天気に恵まれそうです。



登りは暗くて見れなかった山道も、帰りは明るいので、えっ??ここ登ってきたんだって感じになります(笑)
昨年は雲取山荘経由だったので、ここの景色を見るのは初めてだったりしまっす。



木々の隙間から自然のスポットライトが!!



ルンルン気分で下っていきます。



みんなカメラで何を撮ってんの~??



お~雲海に浮かぶ富士山。
これは足を止めてでも見ちゃう光景ですね。



富士山、おはようございます^^
今日は青空を頼むよー。



富士山をバックに撮影大会開始。
ガールとボーイに別れて↑↓



グッドな写真を取ることができました。



富士山に見惚れていると、あれは、おれらのテン場じゃないですか~。
じゃ富士山と一緒にw



若い学生集団が登ってきました!!
すれ違う時に元気に挨拶してくれました。
朝から気持ちいいです^^



あとから登る七ッ石山が見えました↑
今日はまだまだ長い山歩きが待っています。
きっと向こう側に立った時、こっち側の山がよく見えるはず。



登りでは見えなかった山道。
結構急なとこを登ってきたんだなー。



下山になればみんなの足取りも軽いよう。
すいすいと下っていきまっす。



テン場戻ってきました。
お腹空いたところで、朝食タイムといきましょうか。



五十人平のヘリポート。
軽く50人は入れるくらい、だだっ広いです。



富士山を見ながら贅沢な朝ごはん。



富士山↑はもちろん、いつの間にかに大好きな南アの山々↓も見えています。



今年は南アをもっと攻めたい。
そんな妄想を膨らませながら、朝食タイム終了。

雨に濡れたテントを片付け、今日の分の水を調達したら、いよいよここからが2日目の本番です。
今日は七ッ石山&鷹ノ巣山を経由し、倉戸方面へと下山します。



青空ダンシングツリー。
おまけにトシ(笑)
この写真、なかなかのお気に入り。



葉っぱにはてんとう虫。
久々に見たかもしれません^^



ブナ坂、今日はここから七ッ石山へ登ります。
よーく見ると、道標の足元に紫色の花が咲いています。



山頂までは15分くらいなので、ぐいぐい登っちゃいましょう。



山頂付近から見た光景。
あれは雲取山じゃなくて飛龍山ですね。
手前の木はまるでクリスマスツリーみたい。



こっちが雲取山でした^^;
さっきはあっち側から七ッ石山を見たけど、逆からはこう見えるんだなー。



七ッ石山(m)に着いたぞ~。
近くの方に写真を撮っていただきました。
みんな笑顔でいい感じ。
まだここで休んではいられませんので先へ進みます。



ここからしばらくはグリーンロードの中を歩いていきます。
緑がいっぱいで心地いいです^^
そして途中、TVの撮影隊に遭遇、元気に挨拶しておきました。
何の番組の撮影か気になるところです。



歩き続けると、お~展望スペースが~。



ここからはこの山らしい風景が広がってました。
決して高い山並みではないのだけど、山の奥深さが感じられていい感じ。



この標高でこんなにきれいな山道。
とっても整備されていて歩きやすいです。
さすがたくさんの登山者が歩かれる東京のお山ってところでしょうか。



本日は僕が前を歩いているため、こんな写真↑
麦わら隊長は最後尾で隊員を見守ります。



何やってるんだと思ったら、ワラビ収穫だそう。
このおじ様、百名山を制覇し、現在は200名山を目指しているとか。
明るい方で、やっぱ山はいいねーって言っていたのを覚えています。
うんうん、おれもそう思うw
ワラビは煮物や卵とじにして食べるとうまうまです。
昔ばぁちゃん家に遊びに行ったらよく食べたっけ。



構構歩いてきたけど、次のポイントはまだ先。
僕の当てにならない「あとちょっとだから~」でみんなを誘導しまっす(笑)



日陰名栗峰に到着。
ここは展望がないのでスルー。



奥多摩湖が見えてます。
あそこまで下りなきゃなんだよね。
はまだまだ長そうだ。



ここまで来ると、ようやく今日の目的地である鷹ノ巣山が登場しまっす。
結構広々してますね。



とってもきれいな鷹ノ巣山避難小屋。
山頂アタックの前に、長く歩いてきたので、ここで一休みしましょうか。
ベンチがたくさん設置されているので、休憩スペースには良いところですよ。



ようやく鷹ノ巣山(1737m)に着きました!!
山頂はたくさんの登山者でいっぱい。
写真を撮ってくれたおば様たちはパワフルな方々で、おれらが負けちゃいそうなくらいでした(笑)
ほんと山の人たちは優しいですね。



せっかく天気もいいので景色を楽しみまっす。
大菩薩嶺↑
どこの山だろうって思ってたら、横に立っていた方が教えてくれました。



最後に奥多摩の山々を目に焼き付けたら、下山の準備をしまっす。



下山はちょっぴり速度を上げて下りていきます。
ちょうど昼頃、まだまだ山頂目指して登ってくる人が多かったです。
途中、アンジェラアキに似た外国人?が森の中で読書してましたw
森ボーイって言ったとこでしょうか。



あぁ、やっと倉戸山だー。
ここまで2時間弱かかったかな。
長い道のりでした。
2日目は朝から歩いたし、でかザックを担いでの歩き、そろそろお疲れモードだったはず。



ここからあと1時間。
思ってたよりみんなも元気。
最後までテンション上げていきましょう。



麓まで来ると神社があります。
ここで今日の無事下山報告と、次の九重の山旅の祈願を、心の中でしておきました。

この先は倉戸口バス停まで歩き、僕と麦わらさんはさらに大麦代Pまで車を取りに10分くらい歩きます。
バス停でみんなと合流し登山口にある僕の車を回収。

その後は汗を流しに丹波山温泉「のめこい湯」へ。
やっぱり山の後は温泉が気持ちいいw
みんと楽しく話しながら、豚丼とお蕎麦をいただきますした^^

そんなわけで、今年初の山楽隊初登山は、雲取山&鷹ノ巣山となりました。
この時期の奥多摩での山行が恒例行事になってるので、もしかしたら来年もあるかも??
この雲取山トレーニングを糧に、今年の夏山が始まろうとしています。
さて、次は九重山、こちらも張り切って行きましょう。

トシ