プロフィール

【山行データ】
H26.12.14 晴/曇
トシ(ソロ)
毛無山(けなしやま)1964m、雨ヶ岳(あまがたけ)1772m
日本二百名山、静岡百山、山梨百名山
CT 7時間10分(休憩時間含まず)
6:50臨時駐車場→7:07毛無山登山口→7:15地蔵峠・毛無山分岐→7:40不動の滝見晴台→8:15レスキューポイント8:25→9:28富士山展望台→9:52毛無山10:05→10:20大見岳→10:55タカデッキ→11:23雨ヶ岳12:30→13:15端足峠→14:00A沢貯水池→14:20根原の吊り橋→15:50臨時駐車場



12/14、毛無山&雨ヶ岳へ行ってきました。

ほんとは前日に雪山道具を揃えたところなので、雪のあるところへ~って考えてました。
たけど天気予報では寒波、時間の都合もあったので、静岡のお山で体力トレーニングとしましたw

登りのトレーニングならここ毛無山は絶好な場所。
長く続く急登があって辛いけど、富士山がよーく見えるコースでもあります。
雨ヶ岳まで縦走して周回すれば結構長い道のりです。

これから歩く雪山のためにも、今のうちに足腰を鍛えておかなきゃ。

さーて、久しぶりのソロ登山。
がっつり、歩いていきたいと思いまっす!!



今日も富士山がご立派↑
はい、毛無山臨時Pまで着きました。
登山口近くに麓Pがありますが、今回は周回ルートを辿ろうと決めていたので、こちらのPへ駐車。しかもこっちなら無料だしw



マイカーと毛無山↑
山頂は2000m近くあるけど、ここから見た感じだとまだ雪は大丈夫なようです。



ちょっと歩いた先にはふもっとぱら↑
確かソワレさんたちがここでテント泊の練習をした記事を思い出しました(笑)
こんなに寒くてもキャンプをする人がいるんだな~。
でもそれはそれで楽しかも??



登山口までは少し歩きます。
足慣らにはちょうどいいかなー。
さすが富士山の街だけあって道標もいい感じですね。



登山口まで歩いてきました↑
すぐ近くに有料Pがありまっす。
毛無山オンリーの人はここからピストンが最短コースです。



石がゴロゴロある沢を渡り、その先に地蔵峠との分岐があります。



地蔵峠からも登ることはできますが、富士山をバックに登るのであれば、やはり急登コースがいいかなって思います。



ハサミ岩周辺。
岩と岩の間を通ります。
このコースはロープが設置されてるところが多いのだ!!



水の流れる音が聞こえる~って思ったら、そこは不動の滝。
見晴台からは見た光景です。

さーて、ここから本格的に登って行きますよー。



まだまだ先は長い長い・・・

途中4合目を過ぎると広いレスキューポイントがあって、そこで休憩中の男性といろいろお話しました。
袋井に住んでる方で、出身が熊本ということで、九州の山もいいですよーって。
おれもいつかそちらの山にも出かけてみたいです。
すごく人柄がいい人で、まだ30代後半くらいの人かと思ったら51歳とは(ノ゚ο゚)ノ
これにはビックリしましたね。
やはり動いてる人は若い×2w



ようやく五合目。
半分ってことですね。
こんな風に一合毎に看板が立ってるんですよー。



まだまだまだまだひたすら登りが続きます↑↓
天気がいいので、そんなに辛いとは感じません。




登りも慣れてきたのかなー。
昔ほど辛いって思うことがなくなって、最近は結構好きだったりしまっす。




富士山展望台。
ちょっとばかし高いところに立った気分になれます↓



おれはいかにもっていう人工的な展望台より、狭くてもこういう自然な展望台が好きですね。
隠れスポットっていう感じが好き。



そこから見える富士山と、眼下には町並みが見渡せます。



長者ヶ岳や天子ヶ岳方面の山々。



この辺りは緩やかな山道で歩きやすい。



毛無山と地蔵峠の分岐。
稜線へ出ました~。
ここまで登ってきちゃえばこっちのもんv(^-^)v



北アルプス展望台??
やや、南でしょ~どう見ても(;´Д`)ノ
地図にも南アルプス展望台って書いてあるし。

南ア方面は雲で覆われちゃってます↓↓↓







雲で見えていない部分はかなりの雪が積もってることでしょう。



もうすぐ山頂、楽しい稜線歩き。
いい感じに自撮りできましたw



ようやく到着しました~о(ж>▽<)y ☆
以前は雪のある時期に登ったので、また違った雰囲気でしたね。
それにしても広い山頂です。




毛無山。
全国にたくさんある毛無山の最高峰!!
山頂は1946mとなってますが、山自体の最高地点は1964mです。
もっと寒いかなから~って思ってましたが、ほぼ無風でポカポカ陽気してました。



一等三角点タ~ッチ(o^-')b



もちろん山頂からは大きくな富士山を見ることができまっす。
この時間になると雲率が高いせいか、頭には雲がかかってしまいました。



山頂付近の木々は白くなってました。
毛無山は初級者でも楽しめる雪山なので、登ったことがない方は、雪の毛無もいいですよー。



こんな看板が↑
この先雨ヶ岳までは、ちょっと危険地帯のようですが、このシーズンはクマザサも短く、周辺の木々の葉も落ちているので、ルートは明確です。
ソロでも全くもって問題ありませんでした。

さてここからは未知の世界、雨ヶ岳を目指してレッツゴー!!!



駿河湾と遠くに伊豆半島。
海が太陽に照らされ輝いてました。



空にはパラグライダー。
近くには体験できる施設があります。



稜線にもほとんど雪はなく、軽アイゼンを持ってきたけど荷物になっただけでした^^;
富士山を眺めながらの天空散歩。
しかもおれ以外歩いてる人がいない、静かでいいな~。



ちらっと田貫湖↑
昨年ハッチさんと豪雪の2月に長者ヶ岳を歩きました。



ここら辺は寝っ転がることができそう。
空は青いし、富士山は目の前、なんだか贅沢な気分( ´艸`)



大見岳。
毛無よりちょっと高いようです。
NEWストックもお披露目w



雨ヶ岳が見えてきましたよー。
この稜線歩きは、ほんと歩かないと損ですぞ!!



ここがタカデッキ??
振り返れば歩いてきた道筋に、遠くには南アが見えてました^^

さらに進みまっす。



看板にもあったように両脇には笹がすごいけど、きっとこの時期だから歩きやすいのだと思います。夏に来たらすごいのかもしれません。



雨ヶ岳(1772m)に到着です。
のんびり歩いてきましたが、それでも地図のCTより早く着いた感じです。
富士山もご覧のとおり。
以前来た時はもっと狭かったような、それにこんな標識がなかったような気がします。
だいぶ開けた山頂になりましたね。



山頂ピース(^o^)v
ここで富士山を眺めながらお手軽ランチをいただき、まったり休憩タイムです。



本日2回目の三角点タッチ。
これをやらないと山頂に来た気がしません(笑)



端足峠まではこんな道がしばらく続きます。
少し風が出てきて肌寒かったかなー。



端足峠↑
ここから竜ヶ岳方面と本栖湖方面には行ったことがあるので、まだ歩いたことのない東海自然歩道方面に下っていきます。



東海自然歩道まで下りてくると、あとはほぼフラットな道。
もう気分は下山した感じでしょうか。



この東海自然歩道。
山登りが苦手な人でも自然を楽しみながら歩くことができます。
こんな感じにずっとフラット道で、標識も所々にあるので安心ですよー。



A沢貯水池近くにある東海自然歩道のルート図。
ここからは大きな富士山もちゃーんと見れます↓



見る場所を変えると、また違う感じに見えるんだなー。
雲も消えたりかかったりの繰り返しw



根原の吊り橋↑
さっき見たルート図だとここまで30分と書かれていたけど、実際には20分弱。
さすが東海自然歩道!CTにゆとりがあるのかな??



とりあえず吊り橋の上でパシャりとしておきましょw
歩いてると結構揺れまっす。



こんな木道を歩いていきます。



しばらく歩くと牧場があり、その横を歩いていきます^^
ここからの富士山、なんだか絵になるな~ヘ(゚∀゚*)ノ



もうこの時間になると日が傾いてきて、山道もその光に照らされます。
今日も結構歩いたなー。
ほんとは途中からバスを利用するつもりだったけど、時間があったので駐車場まで歩くことにしました。



東海自然歩道を歩き続けて2時間。
ようやく駐車場に辿りつきました↓



今日は登山者が少なかったせいか車も朝と変わらず。
同じ場所から夕方の富士山↓



朝とはまた違った光景がいいですな~(^~^)
さらに日が沈む頃、富士山は紅く染まります↓



これもまたいいw

こんな感じに今回は1日かけてがっつり歩きました。
ソロだったので時間もマイペース。

写真をたくさん撮れたし、すれ違った人達とも楽しく話すをすることができたので大満足^^
最近ちょっとダラダラ気味だったので良い山歩きになったかも。

この天子山塊、大好きな山々が連なるエリアだけに、またでっかい富士山を見たくなったら登りに来ようかなー。

トシ