プロフィール

【山行データ】
H25 3.22 晴
トシ(ソロ)
大菩薩嶺(だいぼさつれい) 2057m
日本百名山、花の百名山、新・花の百名山、山梨百名山
CT 6時間(休憩時間含まず)
6:10丸川峠分岐駐車場→7:40丸川峠(丸川荘)7:50→9:25大菩薩嶺9:35→9:40雷岩9:55→10:25賽ノ河原(休憩舎)→10:40大菩薩峠(介山荘)10:50→11:25富士見山荘12:10→12:15福ちゃん荘12:20→12:35上日川峠(ロッヂ長兵衛)12:45→13:15大菩薩のブナ木→14:05丸川峠分岐駐車場


2/7、大菩薩まで行ってきました~!!

この三連休中は天気が青空w
土曜はおれの時間を確保したので、行って来ましたよ、26年一発目の百名山の旅へ。
前日まで蓼科山or大菩薩嶺に行こうかで迷いました。
というのもたぶんこのシーズン、手軽に雪山が楽しめるということで、蓼科山は混雑してそう??って思ったのと、逆に大菩薩は4月中旬頃まで交通規制がかかっているので意外に空いてるかもしれない??って思ったのです。

そんなわけで混雑回避のため、蓼科山には申し訳ないけど今回は大菩薩へレッツゴー(^-^)/

久々の百名山登山、楽しみだな~。
どんな山なんだろーとワクワクしてたら、前日寝たのが22時半、そして起きたのが1時半過ぎ^^;
家を出発したのは2時15分・・・




よし、体力温存のためにここで仮眠だ~、と立ち寄ったのが道の駅とよとみ。
一時間ほど寝ちゃいましたw



5:50頃、丸川峠分岐Pに到着しました。
15台ほど車がおけそうです。
おれが到着した時はまだ少しだけ余裕があったかな。




冬季閉鎖中ゲート。
上日川峠までは車では行けません。
4月中旬頃まではこの区間は歩く覚悟が必要です!!




丸川峠経由のルートでスタートしまっす。
登り始めから登山道にはが雪積もっていました。



雪道でも歩きやすく、アイスバーン的なところはほとんどなかったと思います。
気をつけて歩けばアイゼンなしで大丈夫そう!



日当たりがいい場所は雪がナッシング。
でもこういうところはほんの部分的でほとんどは雪道です。



富士山が木々から垣間見れまっす↑
これなら峠からの景色は最高なはず??



軽快な足取り^^
何だかあまりに天気がよくって、ハラハラドキドキしてきましたw



青と白のコントラストが素敵だぁ。
太陽が眩しいぞ。
雲ひとつない快晴、よっしゃ~!!!!!



そして振り向けば、おっ、キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
こんなきれいな富士山久しぶり。
やっぱり山から見る富士山は最高w



予定時間より早く丸川峠にとうちゃーく。
先日の雪で結構積もっているようです。



丸川荘。
なかなかいい感じですね。
少しだけ休憩したら、山頂へ向け出発です。
丸川峠までは登りなので暑かったけど、さすがに寒くなってきましたぁ。



丸川峠からもアイゼンは着けなくても大丈夫そうだけど、軽アイゼンがあったほうが万全でしょう。
時々深くて足がやられちゃうことや、歩きにくいポイントもあるので。



ショートカット禁止の看板が~。
出来るのかな??
ここからしばらくは景観がいいところが多くて、シャッターチャンスが多いですよ。




ねっ!!
大好きな南アルプスはおれの手のなかにありまっす(笑)



白峰三山だってほら~いいねいいね~。



みんなで守ろう高山植物(高山植物より)笑



撮影ポイント見っけ(^0^)v
こうやって周りの景色と組み合わせると、富士山の存在がぐーんっとアップしまっすよ。



ぐーんとアップね(≧▽≦)



奥秩父の山々がちらり↑
このお山はいろんな山が見えるんだな~。



日が当たる場所↑
日が当たらない場所↓



積雪量が全然違います。
こっちはトレースがなければ、たぶんラッセル三昧でしょう(><)
いろんなところにトレースが残っているので道に迷わないように!!



何気に撮ったこのお山は何山でしょう???



時間的にもうすぐ山頂のはず。
今日は全体的に山が明るいね~うれしい。



ささって歩いていたら通り過ぎるとこでしたよ。
だって、山頂の標識がこんなに埋まってるんだもん^^;笑
ここで写真撮影している人がいて安心w



改めてご紹介しまっす。
大菩薩嶺、2057mです。
ここだけは分かるように掘ってくれてあるようです。




こんな感じですね。
ひょこり顔を出してる感じ。



山頂から少し歩けば、そこは雷岩に着きます。
ここから上日川峠へも下れますが、おれは大菩薩峠に行きたいので前へ進みまっす。

さて、ここ雷岩から大菩薩峠までは南西に展望が開けてるんですよー。
そりゃすごいんです。



富士山とその下には三ツ峠山や黒岳をはじめ、御坂に連なる山々が並びます↑



お次は大菩薩連嶺と富士山、そして大菩薩湖とのセット↑
今回の山行での一番好きな写真です。



上の写真右半分を大きくすると、これはこれでいいですね。



待ってました~南アルプスオールスターズ↑
南部の山々から北部の山々までお見通しだぜー( ´艸`) 



左から上河内岳→聖岳→赤石岳→荒川三山
今日も聖様はばっちりですw



白峰三山(農鳥岳→間ノ岳→北岳)
この稜線魅力的w



鳳凰三山→仙丈ヶ岳→甲斐駒ヶ岳→鋸岳
今日は南アの女王様もご機嫌がいいみたいw
 


おっ、八ヶ岳に金峰山w
尖ってるところが赤だけです。



写真を撮ってくださーいって頼まれたので、おれも撮っていただきました。
こんなたっくさんの山が見れるなんて想像外だったのでビックリですΣ(・ω・ノ)ノ!
お天道様、ありがとうございます(笑)
みんな絶景に見惚れて笑みがこぼれていました。


そんな雷岩周辺から見た景色を動画で撮ってみました↓


すっごく絶景でしょ(^0^)/



大菩薩峠まではこんな景色を見ながらルンルン歩き。
これはまさに芸術としか言い表せないです。
おれには刺激が強すぎます(笑)
そして奥に見えるのは方向的にたぶん丹沢かな??



標高2000米地点。
塩山市も今は合併して甲州市になっています。



父親と子供の登山者を発見。
お父さんの後を息子が追う、何だか感慨深いシーンです^^



そんなことを考えていたら、賽ノ河原に着きました↑
ここも雪で埋まっちゃってます。



近くには避難小屋のような休憩舎が建ってました。
まだまだ峠までは歩きますよー。



青空の下、雪山を登っていく人の姿。
これも絵になります。



奥多摩の山々もちゃーんと見えました。



親不知ノ頭。
やっぱりこの構図はいいですね^^



岩場もありました。
雪があるのでわからないけど、実際はすごいんだろうなー。




石碑が建っていました。
まだきれいなので新しいのかな??




ここからも奥多摩方面の山が見えます。
こちらは鷹ノ巣山??



大菩薩峠へ着きました。
ここには介山荘という山小屋があり営業していました^^
ちなみに大菩薩峠の大きな看板は雪で埋まっていましたよー(><)




休憩舎はご覧の通りです。
雪ですっごいことになっていましたね。



峠をあとにして、ここから下山ルートを辿ります。
ほんと今日は明るいな~。




勝縁荘まで下りてきました。
ここからさらに富士見山荘まで歩いていきます。
そこでお昼にしましょう!




富士見山荘↑
営業はしていません。
ここは広いですね~。




ブランコが~遊ぼうと思ったのにー(笑)
残念でなりません(T^T)゚。



今日のお昼は銀座カリー。
山ではお手軽レトルト助かりまっす^^



こんな感じですね↑
ちなみにご飯はコンビニで調達しました(笑)
普通にうまかったです。



富士山にかんぱーい!!
最高のコーヒーです。



福ちゃん荘です。
ここで山バッジをゲットだぜ('-^*)/



上日川峠にあるロッヂ長兵衛前。
ここでサングラスを落としてしまい、あっちこっち探してしまいました(゚_゚i)
きょろきょろしてたので、周りの人には「サングラス探してるんです」って言っておきました(笑)
数分後・・・見つかりましたw



シーズン中は、ここまでは車で来れるので、ここから山頂ピストンが手っ取り早いコースといえそうです。



駐車場までは車道をしばらく歩き続けなければなりません。
冬季閉鎖しているのは、こんな風に道が凍結して、そこはまるでスケートリンク。
滑りまくりましたよー(><)
今回の一番の危険ポイントかも。



帰り道もこーんなきれいに山が見渡せました↑↓↓
奥秩父の山々も興味深いです。



でもどれがどの山なのかいまいち分かりません。
地図で調べてみようかな^^;



大菩薩のブナ木↑
太陽に向かって伸びているかのよう。



疲れた体を水の音が癒してくれます。
氷柱もできてまっすね!!



駐車場まで戻ってきました。
いつの間にか車でいっぱいで、下の駐車場まで満車状態でした。

こんな感じに今年初の百名山。
登ってみての感想は、もっと地味な山かと思ってたけど、景色は最高、小屋も充実、何よりルート上からいろんな山々が見渡せたのが良かったな~。
周回ルートならピストンより2倍楽しめる山だと思いまっす。
今度は雪のない時期にも登ってみたいですね。

下山後は大菩薩の湯でまったり。
汗を流し帰宅しました。

あ~最高な山だったなー。

トシ